スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

サクトサイズ

003_20130420162859.jpg

スーパーでドクターペッパーを発見したので思わず6本衝動買い。

日本でも好き嫌いが極端に別れるジュースですが

自分は大好きでした。

そして、早速飲んでみましたが、

炭酸が弱く、少し気が抜けている感じで残念。

もしかしたらその一本だけ、たまたま気が抜けていたのかと

次の日もう一本開けてみましたが、同じでした・・・

004_20130420162922.jpg

そして、サイズなのですが、

日本のコーヒー缶のひとまわり大きいサイズの221ml

これぐらいの容量をフィリピンの公用語タガログ語で

サクトサイズと言います。

サクトとは丁度や十分なという意味だそうです。

瓶コーラなどでは一般的によく見かけていましたが、

缶では初めてみました。


しかし個人的には350mlがサクトだと思います。

暑いセブ。喉が渇いた時、

サクトサイズの飲み物では足りません。。。

BYひろ
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jrexpress.blog83.fc2.com/tb.php/973-f814e83d

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。