スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

私事ですが・・・

私事ですが・・・・・・

火事です。

仕事中に、近所の友人から電話。
お前の部屋が火事だぞ!!!!

はあ???

一瞬何言ってんのか分からずボーゼン。
次の瞬間、顔から血が引くのがわかりました。

全開バイクで自宅へ急ぐ途中考えるのは、
今朝家を出た時の火の始末
最近買い換えた、火が消える灰皿。
あれか???

ニューブリッジの辺りまで来たら、我が家の方向に
もうもうと立ち上がる真っ黒な煙。

ハンドル握る手が震えてくるのが分かりました。

家の近くまで来ると消防車が5~6台見え、
火災の大きさを実感、
野次馬をかき分けながら進んでいくと、恐怖で泣きながら
すがりついてくる近所の子供。
親と死別したり、共稼ぎで親が不在の子どもたちです。

その子たちに火元はどこ?
と繰り返し聞いても泣きながらすがりついてくるだけで
何もわかりません。

やっと電話をくれた知人を探し当て聞いてみると、
家の真正面の家の子供の火遊びが原因とのこと、

初日

立派な2階建てだった家も・・・・

初日 (1)

下の写真右奥には、超ローカルツアーに参加された方が、
駄菓子をまとめ買いしたお店がありましたが、
そのお店も全焼。

初日 (2)

でも超ローカルツアーでお世話になっているモシ家は大丈夫でした。
モシをご存じの方も多いかと思いますが、ご安心ください。

自分の家があった場所から動かない子供

初日 (4)



幸い私の部屋は、風向きが良かったために火から逃れましたが、
玄関のドアが焦げちゃったし、
熱であぶられたガラス窓に全開の放水で、
ガラスの殆どにヒビ、
その放水で室内水浸し。
ベッドも水浸しでした。

しかし風下にあった左隣の部屋は殆ど全損。

初日 (6)

初日 (7)

それでも我が家の玄関ドアは・・・

炭になりました。

初日 (9)



しかし、同じ建物の隣同士とは思えないほどの違い。

近所の人々は口々に、お前は神様に守られてるんだよ
といってくれました。

というのも、

その隣人は某国人で、酒癖が悪く警察の出動も度々、

そして私は、自分で言うのもなんですが、
毎年近所の子供のためにクリスマスパーティを開いてる。

この時ばかりは神様の存在を信じる気になりました。

そんな信心深くなった私にできること、

焼け出された子どもたちに、とりあえず食事をあげられるよう、
火災を逃れた家庭に協力を求め、
少しずつ集まっていた、今年のクリスマスギフトから、
古着を選び出し、子供に配ること。

IMG_3846.jpg


3人の子供の写真で、左端の子、
この子は去年母親と死別、働かない父親のために、
おばあさんに引き取られましたが、仲の良かったお兄ちゃんと
別れ別れの暮らしをしてましたが、
今度はこの火災で、住む家も失ってしまいました。

この子、養子にするかな、
なんて本気で考えもしましたが、
やっぱ、私も人の子です。
自分の暮らしも定まらないのに、なんて
言い訳を考えている自分もいます。

でもここで声を大にして言いたい。

すぐ近くにある某国の立派な教会。

火事見物には来たけど、焼け出された人たちに
避難場所を提供するわけでも無けでもなく。
その鉄の門を開ける事もしない。

せっかく高まった私の信仰心も、
鎮火とともに静まっていくのでした。


BY千葉
スポンサーサイト
 
 

コメント

大変だったですね!!
6月~少しでも多くの物資を持っていきますよ!
がんばってね!!出来ることは応援します!!

rokumama様

コメント、有難うございます。
あのお店は全焼ですが、モシ家が無事だったのは、不幸中の幸いでした。
あの、誕生日を祝ってくれた子どもたちの中にも、今回の火災で焼け出された子は少なくありません。
6月、楽しみにお待ちしてます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jrexpress.blog83.fc2.com/tb.php/964-68f6d847

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。