スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

人助け

ちょっと変わったことがあったので報告します。

その日は一仕事終えてさて帰ろうかと思っていたところ友人から電話があり

何してるの?との事でしたので、じゃー飲み行こうと3人で楽しくお酒を飲んでおりました。


まあ、いつものカラオケ屋で、尾崎豊でも歌いながら 明日からのテンションを上げていこうと
していたわけですが、そこへ お店のボーイがやってきて

よし ちょっと来て なんか日本人が外で困っている

というのです。

ん?と思いながら外に出てみると、背の高い 40歳くらいの男性が階段にこしかけ
もう暗い遠くの空を見つめています。

どうしました? と声をかけると

少し、はずかしそうに僕に打ち明けだしました。

要約するとこういう事です。

今は41歳で独身
結婚を前提にお付き合いするつもりだったフィリピン人の彼女に会いに
ミンダナオ ダバオへ行きましたとの事

そこで、朝起きてみると 金庫の中にあったカバンが全て無くなっている・・・

現金 パスポート 財布 その他・・・


警察に行ったがどうにもならず、そのうち怖くなって
ポケットの中のお金で船に乗りセブまでたどり着いたとの事


幸い8月まで休暇はとっているのでセブのどこかで仕事を探し
お金を貯めてから日本へ帰ろうと日本人経営のお店に飛び込んで
いた所、僕に当たったという事です。


いやいやいや、そんな悠長な事いってられないでしょ
まずは、領事館に行って、話しをしてパスポートを発行してもらって
すぐに日本へ帰ったほうがいいですよ
とお話しました

そしたら・・・


すでに領事館には行ったとの事

そこで言われたのは、これは事件だからセブでは扱えないマニラへ行ってくれ
って言われたそうです
マニラへ行くにも、身分証明書がないから飛行機にも乗れない
そもそもお金が無いのですが。。。

と言った所

そういうこともここではお手伝い出来ません
ご自身でなんとかしてくださいと言われたそうです。

??? これにはちょっと驚かされました、領事館がこの対応をするとは思えません


まあ、そんな事いってもどうしようもないし、まさかほっとくわけにも行かないので
近くのホテルをとってあげて泊まってもらいました。

翌日、改めてどうしたいのかと聞いてみると、マニラへ行きます
大使館に行ってパスポートを再発行してもらい
日本へ帰りますとの事でした。

まあ、それがいいでしょうとお話をしてマニラまでの段取りを手伝いました。

お金も多少お貸しして、その人は無事にマニラへ旅立たれました。


さあ、無事に日本へ帰れるか?

そして僕がお貸ししたお金は帰ってくるのか?

乞うご期待
スポンサーサイト
 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

そうなんです 僕もそこが疑問です 
その辺も含めてちょいと不思議な体験でした

jrexpress さま。

こんにちは、それは大変な1日の締めくくりに。。。
領事館の対応が、もしその通りだと問題ですよね!(@@;
その後のお話を楽しみにしてますね!(^-^;ゞ

少し変ですね。

これは信じるか疑うか判断が難しい所ですね。

国としてはこのような事案に対応するようなシステムはないはずですから、領事館で対応できるとすると領事が個人的に救援する事になります。

お金を貸して帰ってこなければ領事個人の損失となりますので領事館の問題ではなく政府の制度の問題です。

ただ、この話で不自然なのは、領事館ではこのようなケースの場合直接援助しない場合でもここに書かれているのとは違う対応を取るはずです。(書くと悪用されるので書けませんが、)

従ってここに書かれている話だけでは嘘が混ざっている可能性も否定できません。

そうなんですよ
その辺が僕も疑問なんです

文中にも書いてますが領事館がそのような対応をするとは思ってません。

何かちょっとおかしな雰囲気だったのです。

なので、お貸ししたものがちゃんと帰ってくるかが心配なのです

どうやって日本へ?

本人が「パスポートを発行してもらい日本に帰ります」と言ったようですが、マニラにさえ行く金がない人がどうやって日本へのチケットを買うのでしょう?

それは、8月までこちらにいるつもりだったようで8月の帰りのチケットが残っている様子です
Eチケットなので再発行出来るとの事でしたよ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jrexpress.blog83.fc2.com/tb.php/507-a343730f

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。