スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

5年目にして初めて気づいたこと

おかげさまであっという間に2月が終わりそうです。
たくさんのゲストの方々が遊びに来てくれました。

天候にも恵まれみなさん楽しくしてもらえたのではないかと思います。

そんな皆様の紹介は追々という事で今日は最近気づいたフィリピン人の
おかしな所を1つ皆様にご紹介したいと思います。

結論からいいます


フィリピン人は、


テンパルと・・・





歌います!!!




???と思っている方が大半だと思いますので先日僕が体験した
歌っちゃうフィリピン人についてご報告致します。

ケース1   セーブモア レジにて

トイレットペーパーなどの雑貨を買うために出かけたスーパーでのことです。
買いたいものをカゴへ入れて、レジへ行きました。

始めは調子よく、レジを売っていたキャッシャーが、一つの皿の所で動きが止まります
どうやら、バーコードが通らず、金額がわからない様子

そうなると、店内に同じものを探しに行くか、責任者へ問い合わせて金額を
聞かなくてはいけません。

その間、レジはストップ 僕の後方には列がつながります。
やっと帰ってきた、スタッフが言った言葉は


『 ワカラナイ・・・』

でした・・・

その後、責任者へ連絡をして、結果を待つ間・・・
僕も早くしろ、光線をレジの子に撃ちます
もちろん、僕の後方に並んだお客さんも撃ちます

現場は微妙な緊張感に包まれたその時!!!


レジの子   歌っちゃいました・・・・


ケース2      マクドナルドにて

朝食をマクドナルドで食べようと、レジへ行きました。
エックマックマフィンのハッシュポテトとコーヒーのセットが89ペソ

レジから来た請求が75ペソ
あれ?おかしいなと思い確認してみると、ハッシュポテトが入っていない
セットで請求されてたのです。

なので、ハッシュポテトのセットだよと伝えると
なんだか、ちょっと眉間にしわを寄せたレジの子

何か悪いことをしたのかなと思いました、まあいいやと思い再度会計

請求は105ペソ

???なんで?だって、あなたの真後ろのメニューボードに89ペソと
書いてありますが、なんでそれが105ペソ?

どうやら、はじめにレジで売った、セットにプラスしてハッシュポテトを打った様子です

この場合、僕の場合 金額ではないんです。

このいいかげんさに頭にくるわけです。

絶対にこのセットが89ペソという事は知っているはずなのに
面倒くさいからかなんなのか、こういう事をしてしまう、怠慢さに腹がたつわけです

ただ、ご存知の通り、ここで怒ってはいけません。
なんでこなったのか? どうして105ペソなのかの説明を仰ぎます。

そうなるともちろん、レジの子は答えられません

その状況に気づいた、マネージャーが来て
レジの子にどうしたのか?説明を聞きますが、答えません
黙って下を向いているだけです。

しょうがないので、僕がマネージャーに説明したその時!

歌っちゃいました・・・・

はい、歌詞が聞き取れるくらい、しっかり歌っちゃいました・・・

しかも、気持ち肩がスイングしています・・・



その時の僕の気持ちは

『歌っちゃった・・・・』

というものでした・・・

おかしい確かにおかしいですが、不思議と・・・この瞬間怒りが収まりました・・・

不思議です、本当に不思議ですが、もう怒ってませんでした。


こんなことが3日間の間に2回をありましたのでちょっと皆さんにご報告
5年目にして始めて気づく、ヘンな所でした。

みなさんも体験されたらいかがですか?(笑)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jrexpress.blog83.fc2.com/tb.php/305-0efaa3b2

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。