スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

荷物の事

はじめにちょっとご紹介 先日日記に書いたディナーショー販売開始しました。
ホームページ見てみて下さい。

JR ディナーショー

ご案内でした・・・

さて

昨日、ゲストの方を空港までお迎えにあがった時のお話

セブの空港を出てくるとゲートに各旅行会社やダイビングショップなどの
お迎えが来ています。

それぞれ、手にゲストのお名前が書かれたボードを持っていますので
ゲストの方々はそれを目印に自分の担当ガイドを探します。

通常これで問題はないのですが・・・

昨日の事です。

当社のゲストが出口から出てこられるちょっと前に15名くらいの団体の方が
ゲートから出てきました。

自分たちのゲストを見つけて、車まで送るのに何人かのフィリピン人スタッフが
荷物をもってあげていました。

その後すぐ、当社のゲストが到着

僕が挨拶をして、こちらへどうぞと、車まで誘導していると

僕も知らない フィリピン人が、当社のゲストのスーツケースを手にとり運びだしました。

フィリピン人は、きっとその15名の仲間だと思ったのでしょう
スーツケースを15名の車へ乗せようとしております。

当社のゲストも、このフィリピン人スタッフは僕の会社のスタッフだと思い
なんの疑いもなく、スーツケースを手渡しておりました。

僕がそれに気づき、フィリピン人もゲストも僕も笑って終わったから
いいのですが、これって結構怖いですね。

後で気づいたら、あれ? 僕の荷物どこ? なんて事になったら
探すの大変ですよ

間違った方も あれ? 荷物が一個多いぞとなれば大変です。


当社ではまだ無いのですが、この荷物の件で結構トラブルになるらしいですよ。

帰りにホテルから空港へ行ってみると 自分の荷物が積んでない!

あれ? 私の荷物はどうした? 

ホテルのスタッフが積んだとおもったのに・・・

なんて感じだそうです。


この問題を聞いてから、当社では、帰りのホテルでは、必ず
ご自分のお荷物が車に積まれたかを確認してもらっております。


せっかくの海外旅行 トラブルなく 楽しみたいですよね。
018.jpg



今日の写真は千葉の作品 ちょっと南国っぽくいい感じでしたのご紹介します。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jrexpress.blog83.fc2.com/tb.php/250-6b02f555

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。