スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

運転免許取得計画

事件です・・・
実は、僕の運転免許証が失効してました・・・
それはそうですよね
前回日本に帰ったのが2年前でございますから・・・
あーあーどうしようと思っていたのですが
どうやら大丈夫そう
日本にいなかったことが証明できれば更新できそうです。
パスポートもって行けば大丈夫かな?

でも、2年くらい失効してても大丈夫かな?
少し、心配な僕です。

情報お待ちしております。

今日の日記

この運転免許失効が、更なる悲劇を呼ぶことになろうとは・・・
露知らずのんきな毎日を送っていた僕です

セブに来て3年
セブへ来られたことのある方はお分かりと思いますが
この国では運転は難しい! 理由は
1 左ハンドル
2 左車線
3 信号がない
4 片側4車線の交差点にも信号がない
5 人間が車を怖がらない
6 さまざまな動物が横切る
そして・・・
一番の理由は、絶対にフィリピン人だけしかわからない
タイミングとアイコンタクトが存在する!

1~6まではなんとか、なるとしても
最後の問題をクリアするにはちょっと大変なんです
それでも、このままではいけないと思い
免許を取る事に決めました!

ところが・・・

通常であれば・・・
1 日本の運転免許証を日本領事館に行き翻訳してもらう
2 セブの免許センターへ行き 手続き そして発行

と、至ってシンプル 至って簡単に取れるはずなのですが・・・
僕の日本の運転免許は失効してる
どうしよう?と友人に相談してみると
失効していても翻訳してもらえるから翻訳して貰ってください
と言われました。

そっかと思い
日本領事館へ行きました
すると、担当の女性が
失効してる運転免許は翻訳できませんよ! との事
あれ? ちょっと違うなと思いながら何も進展せずこの日は終了

次の日
免許センターの支店へ行き、翻訳できないって言われた
けど、どうすればいいの?と聞くと
出来るよ! そういうケースでたくさんの日本人が来た
し、失効した免許の翻訳を持ってきたから免許を発行した!
たくさん たくさんだ!
と言われました

あれ? 昨日領事館で確認したけど違ったのかな?
そう思い、また日本領事館へ
窓口には先日の担当者がいた
すみません、免許センターへ行ってきましたが
やっぱり、みんな失効した免許を翻訳してもらってるといってます
僕のも翻訳してくださいというと

少々お待ち下さい。

そして、今度はちょっと偉そうな男性が出てきた

領事館としては、失効してる免許の翻訳はしてませんし、出来ません
これは、昔からしてません。

?????

でも、免許センターの人が言ってましたよ
たくさん たくさんって

それは、なんらかの裏でやった事だと思います。
由々しき問題ですので、領事館としても調査しなくては
いけませんね

?????
そうなの? 裏なの? 由々しき問題なの?

でもここまで説明させれれば、僕も納得
そのまま、無駄な領事館訪問2回目を終えたかったのですが
ここで、僕のちょっと悪い癖が出てしまいました
なんというか、ただで帰るのが嫌なんですね・・・

それじゃ、どうやって裏で翻訳してもらえるのですか?
教えてください。

!!!!!

それは、私にもわかりませんし、そうしたらいけません
ですから、由々しき問題で調査しなくてはいけないと・・・

(そんな事はわかっております、ちょっと聞いてみただけですよーだ)

結局・・・

いまだ、免許取得は叶っておりません
さぁ、僕の運転免許はどうなる事やら
乞うご期待!
スポンサーサイト
 
 

コメント

もう、どうでもいい情報かもしれませんが、日本の運転免許証失効後、確か3年間は日本に帰って更新が可能です。その際は、外国にいたという証明が必要になります。失効後3年以上たってしまうと、また一から免許の取り直しです。確かこうだったと思いますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jrexpress.blog83.fc2.com/tb.php/100-d6c5da92

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。