スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

夜桜?

マクタンにある

ジャパニーズレストランではありません。。。

画像 437

La Vie Parisienne

ラホッグのフィリピン大学の前にある

ワインショップ

そこでワインを購入するとテラスで飲むことができます。

画像 432

ワインは200ペソ位のものからあり

安く飲めます。

画像 433

テラスの奥にはピザ屋もあり

ピザを注文してワインと楽しむことも。

画像 435

クロワッサンが美味しくて評判のお店でもあるので、

昼間に行ってもいいかもしれませんね。

BYひろ

↓ブログ村に参加しています。よろしければ応援クリックを
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 
 

セブでしゃぶしゃぶ

いつもお世話になっているKさんご夫婦としゃぶしゃぶの知暮里でランチを頂きました。








セブで日本のしゃぶしゃぶを食べるのは初めての私。










P1070583.jpg






とんこつスープでのしゃぶしゃぶをチョイス






おいしそ~




〆はご飯からーめんで選べます。




私はご飯。




P1070585.jpg




お肉が薄い!笑




日本では当たり前ですが、セブでは薄いお肉はなかなかお目にかかれません!






野菜もたっぷり





お肉も柔らかくて本当に美味しい





そしてなんといってもゴマだれがすんごい美味しい





お肉の美味しさが引き立ちます













・・・え??








写真?






ごめんなさい!















夢中で、またやらかしました!






写真を忘れてしまうくらい美味しいしゃぶしゃぶでした。








奥様とも久しぶりにたくさんお話ができて






楽しい時間でした。





Kさん、ごちそうさまでした(0^-^0)


P1070586.jpg



BY あや

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

フィリピン人のお金の使い方…

「フィリピンのお金って…なんでこんなくしゃくしゃなんですか?」





よくお客様から質問されます。





確かに。




泥だらけとか今にも破れそうなクタクタになった紙幣とかちょっと臭う紙幣とか




たくさんありますもんね。



画像 954



ジプニーで渡されるお釣り、運転手やコンダクターの汗で湿ってる時もありますし、




サリサリやお店で買い物をしたら、お釣りはもらった形のまま




ポケットにギュ!!っと押し込みます!




そして、次使うときも、ピン!と延ばしたりせず



ポケットから出したそのままのくしゃくしゃのまま、支払っちゃいます!



じゃらじゃらじゃらーって。



スーパーでは、レジ係が、受け取った紙幣をピン!と延ばしてる風景を良く見ます。




ある意味、フィリピン人の生活臭がすごくするお金。





そんなフィリピン人のお金の扱い方は結構雑な感じがします。




オフィスや何らかの支払いがある時、お金をホッチキスで止めてるところを何度か見た事が




あります。





ふと、目にしたお釣りに携帯電話番号が記載されていたことも見た事あります!





そして、今回私が目にしたのが



画像 953



メモ代わりに使ってる…




お金をメモ代わりに使うのはだめです





しかも





 1110
+1200
+ 100
 1410

って





計算間違ってるし










・・・・(′A `;)






ある意味フィリピン人の国民性が見えるのかも知れませんね






BY あや
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

ミャンマー

ミャンマー行ってきました


ミャンマーは、予想したより都会で綺麗


街はピカピカのお寺が綺麗

詳しくはまたか来ますがまずはこんなかんじで







20140426191303a0c.jpg
20140426191236841.jpg
 
 

セブでスイス料理!?

Cafe de Geneve

castle peak hotelの前の道を少し入って行ったところにあります。

画像 344

4人掛けのテーブルが5席程のこじんまりとしたレストランですが、

オーナーらしき白人の男性がせわしなくサーブをしてくれます。

このオーナーらしき人がスイス人なのかなと・・・

勝手な予想を。

画像 343

スイスの知識がない私でも、

ジュネーヴはスイスの都市

スイス料理でチーズフォンデュがあることは知ってます。

画像 342

付けるものはパンのみでしたが、チーズおいしかったぁ~

(2~3人前でP999)

食事というよりおつまみみたいな感覚なので、

飲み物をビールから

チーズフォンデュに合そうなワインに代え、

飲みながら楽しみました。

画像 349

こちらはトマトソースのミートボール

濃い味に慣れてしまっている自分には

ちょっと物足りない味だったかな・・・


会計時、プレゼント用に使うような小さな箱に

伝票を入れて持ってきます。

小さいことですが、いいなぁと感じさせる演出

総合的に、また行こうかなと感じさせる

アットホームなレストランでした。

BYひろ

↓ブログ村に参加しています。よろしければ応援クリックを
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

カワサン滝ツアー

ご家族でセブ旅行を楽しまれたS様ご家族

P3310267.jpeg

弊社ではカワサン滝ツアーにご参加頂きました。

カワサン滝では、入口の駐車場から

メインでもある第1の滝まで

自然の中を15分程のトレッキングも楽しめます。

少し険しい道もありますが、

第2、第3の滝へに行くことも出来ます。

P3310271.jpeg

S様より

「滝はきれいな水とダイナミックな景色が印象的でした。」

といただきました。

滝の写真は・・・

皆様もカワサン滝に実際に行き、自分の目で確かめてください。

BYひろ

↓ブログ村に参加しています。よろしければ応援クリックを
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

ドライマンゴー工場見学

市内観光の際にドライマンゴー工場 Profood の

工場見学を追加されたH様より頂いたProfoodのお写真。

s-IMG_3835.jpg

7Dのドライマンゴーもこの工場で作られている?

との話も聞いたことがあります。

s-IMG_3836.jpg

恥ずかしながら行ったことがありません・・・

s-IMG_3839.jpg

H様よりなかなか面白い工場見学だったとのお話でした。

s-IMG_3833.jpg

最低催行人数が10名よりで下回った場合、

その分を負担しなければいけなかったり、

1週間前までの予約が必要など

多少難しい部分がありますが、

機会を作り見学に行ってきたいと思います。

H様ありがとうございました。

BYひろ

↓ブログ村に参加しています。よろしければ応援クリックを
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

リピーターのお客様より

4年前も弊社をご利用頂いたN御一行様

再度弊社にお問い合わせ頂きました。

DSC00477.jpg

パンダノン島 アイランドホッピングにご参加。

DSC00388.jpg

この日は港までジプニーでのお出迎えでした。

※アイランドホッピングの際には人数やホテルなど
 当日の状況によりジプニーでホテルお迎えもしております。
 運が良ければ(?)ジプニー乗車体験ができます。

DSC00720.jpg

アイランドホッピングの後はカジノで一勝負!?もされたようです。

もしカジノへ行かれる方は、楽しむ程度で、

熱くならないよう、お気を付けください。。。


今回のセブ島旅行も楽しんで頂けたご様子でした。

何度でも楽しんで頂くことが出来ると思いますので、

またのお越しをお待ちしております。

BYひろ

↓ブログ村に参加しています。よろしければ応援クリックを
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

出張

これから、出張行ってきます

マニラからバンコク

それからミャンマー

の一週間のコースです

視察とミーティングがメインです

また、皆さんに面白い情報伝えられるように

調査して来ます

特にミャンマーは始めてなので

いろんな事調査してきますね

調査リクエストあれば連絡くださいね
 
 

母娘旅行:パラワン コロン島~3・4日目 完結~

パラワン旅行も終盤です。


3日目は、これまで行ったビーチの中でもダントツ!!というくらい美しいビーチで



こ・れ・で・も・か!!と言うほど



スノーケリング三昧でした。




◆パラワン コロン島旅行3日目


この日は、もともとフリーだったのですが、前夜にレストランでオプショナルツアーを


申し込みました。


“アイランド エスケープ・3つのベストビーチを巡るツアー”



現地で申し込んだツアーだったので、乗り合いになるとのこと。


結局合計17人になりました。



しかも全員フィリピン人。



家族連れやカップルが殆どで、紛れ込んだ私たち日本人にも優しく明るく話しかけたりしてくれました。



コロンに到着してからずっと2人で行動してきたので、こういう交流のあるツアーもすごく新鮮で楽しかったです♪


画像 1062





前日の港から出発して船で約1時間半。



BULOG ISLAND。


画像 1068


透き通る海と白いサンドバーが続く島。


ガイドさんが、どっかの言葉でBULOGは、「何もない」島という意味だと


教えてくれました。


確かに何もないけど、この美しさ、何も要らないですね…


砂が、真っ白で目が開けてられないくらいでしたよ。

画像 1069


画像 1076


島の真ん中にある小さな丘を登ります。


パラワンは、岩の突き出た島が多いので、どこに行っても登るところがたくさんあります。

画像 1070

丘の上からの景色

画像 1075



画像 1071


すっごく透明度の高い中、スノーケリングを小1時間堪能した私たち。


次の島へ向かいます。



次の島は・・・


バナナ島(BANANA Isl.)


画像 1088


一緒に乗ったみんなは、「きっとバナナがたくさん生えてた島なんだろうねえ」なんて


話してましたが、初めに発見した時、島の白い砂浜の形がバナナのような形をしてたことから


この名前が付いたそうです。

画像 1080

海と空と木と葉っぱの緑が鮮やかですごく綺麗な島でした。


この島で乗客みんなでランチ。


画像 1085


焼き魚
ポークベリー
チキンのアドボ
ナスの酢あえ
海ぶどう
パイナップル


周りがみんなフィリピン人のため、みんな豚やチキンに夢中なところ、

ナスと海ぶどうに夢中な私たち。

豚を何度も勧められました笑

メンバーのなかにいっつもジョークを言っているおじさんがいて、

始終笑いの絶えない昼食時間でした。

食べ終わっても、ずーっとしゃべってました。



食事が終わるとパンが配られて、それを持ってみんなで海へ。


熱帯魚がたくさんいる区域で、パンをほぐしながらスノーケリングをすると


目の前で大量の魚がみられます。


大量すぎて、目の前が何も見えないくらい集まったので、パンを置いて泳ぎ去りました…(汗)



スノーケリングが好きな母はずーっと泳いでました。



そして、最後はMalcapuya Island


画像 1091

真っ青な空と海、砂がめちゃめちゃ細かいパウダーサンドのロ――――ングビ――――チ!!

画像 1099


どこに行っても絵になりますね~

画像 1089

画像 1105

画像 1106

ガイドさんによると、Malcapuyaもどこの言葉かは知らないそうですが


Bad-girlという意味だそうですよ。


ここにも小高い丘があって登れるようになっています。


島の反対側。

画像 1119


ロングビーチ。

画像 1115


綺麗な海をバックに。

画像 1113



ここでもスノーケリングを楽しみました。


水がスイミングプールみたいな色してました。




思いっきり景色とスノーケリングを楽しみ、



そして、また1時間半の船旅でホテルに戻りました。




夜はもう、ホテルでのんびり。



夕食もホテルのガゼボで頂きました。


画像 1122


朝、朝食を食べて11時にホテルを出発。



ドタバタしなくてもいい時間なので、ゆっくりできました。


また絶対来たいと思うホテルでしたよ。

画像 1126


13:10のセブパシフィックでセブに戻ります。

画像 1130

ブスアンガの空港は荷物検査が結構厳しかったです。

空港には、お土産屋とかも、殆ど無いのでタウンで買ってきた方が良いかもしれませんね!




3泊4日のコロン島ツアー、大・大・大満足でした。


自然を満喫したい方、お勧めです!




BY あや
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

母娘旅行:パラワン コロン島~2日目~

勝手にシリーズ化したコロン島ツアーレポート


◆~2日目~


朝はホテルの朝食

画像 971

前日に、メニューやどのように卵を料理するか、飲み物を確認しに来てくれますので


とーっても快適です。


2日目は、パッケージツアーに含まれている“コロン島アイランドツアー”


8時30分にホテルにお迎えが来てくれました。




1日目に行った港から出発。



コロンタウンは、こんな雰囲気の港町です。

画像 1029




ハリウッドみたいなこともやっちゃいます。

画像 1031


まずは、Siete Pecadosというスノーケリングポイントへ。


それから


パラワンの象徴、海から岩(石灰岩)が突き出てる間を船で通ってKayangan Lakeへ向かいます。



画像 1034

この地形だけでもすごく楽しめます。

何千年もかけてこんな姿になったのかなーとか考えると

自然の壮大さを感じずにはいられません!!

画像 1035

そして着いたカヤンガン湖


ビーチに船を着けたら、岩の頂上までトレッキングで登ります。


また、上り…なんて言ってられません!



なぜなら・・・



こんな景色に出会えるんです!!


画像 1040


実際にこの景色を見ると…綺麗過ぎて本当に言葉になりません。


頂上から、そのまま船をつけたビーチとは反対側に降りて行くと


見えてきました。



カヤンガン湖


画像 1047



岩の壁の間にあるこの湖、70%が真水、30%が海水です。


画像 1042


スノーケリングで水中を見ると、海の中とは全く違い、魚や植物などの生物がほとんどおらず、



湖底に沈んだ木や水中にまで繋がる岩、水に差し込む光が見えるだけで、



音も無く、



怖いくらい不思議な感覚に陥ります。



こんな不思議な体験は、あまり出来ないのでとっても貴重でした。



この後は、ランチに向けてAtuwayan Beachへ・・・



見えてきたのが


画像 1051

こんな綺麗なビーチ!!



画像 1052

パッケージにはランチも込で

カニ
ポークベリー
海ぶどう(大量)
魚(大)
パイナップル

がついてきました。

どれも美味しくって夢中で食べましたよー。

特に海ぶどう!セブの海ぶどうより粒が大きくて、歯ごたえがあって美味しかったです。



ご飯を食べた後はのーんびり、おしゃべりして過ごしました。



そして、ツイン・ラグーン(Twin Lagoon)


というラグーンへ。


ここでは、ずーっと泳いでいたので写真が撮れませんでした…



岩を乗り越えて、反対側へ行くと、大きなラグーンがあります。


上から見ると丸いラグーンがふたつあるように見えることから、こう呼ばれるそうです。


ここも、真水と海水が混ざるため、水の表面がぼやけていて


不思議な現象が見られました。


私は、ライフジャケットを着てぷかぷか浮いていたのですが、


岩陰にはリスなどが何匹もいて、鳥の鳴き声が響いてて大自然を満喫できました。



そして、バラクーダ湖(Barracuda Lake)へ。


画像 1056

ここも、この岩を登って反対側に行くとある湖です。


この湖も、静かな崖の間にひっそりあり、


この日に行った場所の中でも断トツで、湖中が静寂で水が紺色でした。


水の中は、どこまでも真っ青な色が続いてるので、吸い込まれそうな感覚になるので


正直ちょっと怖いくらいでした。


自然ってすごい。





この日は午後4時ぐらいにツアー終了。



すっごく大自然を満喫できたツアーでした。



夜はまたもKawayanan Grillで。

画像 1059


あんなに海を満喫したのにまた



シーフード笑


画像 1060


こんなに盛ってP350




ここは、レストラン・ゲストハウスが併設していて、オプショナルツアーもあるとの事。



翌日はフリーだったので、追加で“アイランド エスケープ・3つのベストビーチを巡るツアー”を



手配しました。



どんなけ海好きな母娘や!






ということで、3日目も勝手にレポートしちゃいます。


これまでいろーーーんなビーチを巡りましたが完全にトップになりそうなビーチでした。



BY あや

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

母娘旅行: パラワン コロン島~1日目~

こんにちは、あやです。


年に1度、母がセブ島に遊びに来てくれるのですが、毎年、滞在中にフィリピン国内を


母娘旅行します。


これまで、ボホール、パラワンのエルニド、ボラカイと行きましたが


2014年目的地は パラワンのコロン島3泊4日に決定!



神秘の島コロン島旅行のツアーレポートを3回に渡り勝手にレポートさせて頂きまっす!




◆パラワン コロン島旅行~1日目~


画像 958

セブからコロンのブスアンガという空港まではセブパシフィック航空で直行便が出ています。


セブ出発 午前11:10 ブスアンガ到着 12:50 所要時間 約1時間30分



因みに、いつも遅れるフィリピンの飛行機が予定を20分も繰り上げて早めに出発するという奇跡



「みんな揃ったから出発しちゃえー」みたいなノリに思えました笑




コロンに近付いてきた模様

画像 955


綺麗!!パッケージにはアイランドホッピングがついているので


こんな島に行けるのかなーとウキウキのわたしたち。



ブスアンガ空港到着

画像 959

な、何も無い…あるのは自然のみ



画像 963

空港で出迎えてくれた伝統的な音楽が、旅行のワクワク度をピークにしてくれました




ブスアンガ空港からコロンタウンまでは車で約45分程




パッケージツアーやホテル(事前確認必要)を予約している場合、空港送迎が付いている場合が多いようです。



空港からタクシーの一般の交通手段は、殆ど無いようなので、予約をしていった方が無難かと思います。



画像 965

本当に山や野原以外何もない(家も殆ど無い)道をずーーっと走っていくと



道沿いにぽつんぽつんとホテルが出てきます。



が、タウン以外の場所は、周りに本当に何も無いです。(食堂とかも無いです)



私たちが泊まったホテル。



Sophia's Garden

画像 969


8部屋しかない小さなホテルで、伝統的な造りのお部屋や建物、静かなお庭がとってもアットホームで



ここにして良かったと、二人でずっと話していました。



スタッフも、気配りや明るさ、手配の機敏さなど言う事無しでした。




コロン島のホテルは、1泊P1,000未満からのバックパッカー向けのゲストハウスから

超高級な1島1リゾートのホテルまで様々です。

旅の目的やスタイルで選べると思います。

ただ、日本人の観光客はかなり少ないそうで、日本人スタッフやン本五の話せるスタッフ・ガイドなどは

殆ど居ないようです。




ホテルにチェックインした後、昼食を食べ、パッケージに含まれているコロンタウンツアーへ。



何故か開始が午後4時と遅めのスタート。



何でかな?と思っていましたが、なんとなく後でその意味が分かりました!





市内観光のお迎えを待っていると





コレが来た笑

画像 1011



トライシクルで回るそうです。


コロンタウン、車はホテルの送迎車以外走っていません。


もちろん、タクシーなんてありません。


私は乗り慣れていますが、二人で乗ると「旅。」という感じですっごく楽しかったです。



初めは、お土産屋さん。

画像 978

パラワンは、こういった伝統工芸品の木彫りが有名です。


そういや、実家の弟の部屋にもこうゆうのがいっぱいありますが、まさかパラワンからだったりして…



次は、港へ。ちょっとしたプラザみたいになっています。


海の上を渡るZIP LINEもありましたよ。

画像 980


運転手「次はあの山に登るよ」

私&母「??なにで??」

運転手「・・・階段」


ええーーーー!?結構高いよ、あの山。



ということで、山のふもとへ。


Mt.Tapyasのトレッキング開始

画像 982

余裕をこいていた私たち


はい、完全になめていました


画像 983


遠っ!


半分ぐらい登ったあたりから無言の2人。



「でも、ここまできたら上ろ。多分めっちゃ綺麗な景色が見れるんやって」




そしてたどり着いたのが




画像 996




素晴らしい…


頑張って良かった…


画像 991


パラワンの町
画像 989


このしんどさ、確かに日中の炎天下でやったら大変なことになりそうです…



帰りの下り階段、膝がカクカク震ってました。



ふもとでは運転手が、コーラとパンを持って待っててくれました。



次は、Maquinit Hot Spring(マキニット温泉)へ


ここはタウンからトライシクルで20分くらい


画像 1006



温泉です!!




しかも40度くらいあってお湯もすっごく綺麗です。

画像 1002




40度って…まさに日本の温泉・・・(T_T)気持ちよすぎ…



こんな素敵な温泉があるのに市内観光と思いこみ、水着を持って来なかった私たちは…




足湯!!



これだけでさっきの疲れが取れて、体がぽっかぽか♪


画像 1001



源泉かけ流し


隣は海です

画像 1004


画像 1010



そんなこんなで、約3時間のツアーが終了。



帰りは、タウンにあるとーっても美味しいシーフードのレストランに連れて行ってもらいました。


Kawayanan Grill

画像 1019

画像 1016

ここの料理は、とーっても美味しくて、翌日も行きました。


夕食が終わるまで運転手さんも待っていて下さったので、安心して楽しめました。



ホテル到着後は、ホテルのお庭を見ながらまったりしてマッサージ

画像 1024


2日目はコロン島 アイランドホッピングツアーです。




BY あや
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

撮影のお仕事って実は

少し前ちょこちょこご紹介しておりました

撮影のお仕事は実は雑誌の取材でございました

そろそろ雑誌も出版するとの事とタレントさんのブログにも記事が載りましたので

オープンにします

実はからだにいいことという雑誌の取材でした

タレントさんは元アナの中野美奈子さん

とっても素敵な方でファンになりました!!! はい

セブのからだにいいことを中心に2号に渡りお送りします

是非書店で購入して下さい 小さく 現地コーディネートの所に僕の名前載ってます(笑)

中野さんのブログでも紹介されてます! ちなみに僕の写真も載っちゃいました

完全にありがとうございます です

中野美奈子さんのブログ
 
 

豚の生姜焼きを

食べたくなったので

見よう見まねで作ってみました。

画像 005

ちょっと甘すぎた感じに・・・

玉ねぎは先に炒めるものだと思っておりましたが、

後日、ネットで調べてみたら

豚を炒めた後に入れるようですね。

先に入れて炒めすぎた為、玉ねぎの甘さが出過ぎたのでしょう。


スライスの豚肉が近所のスーパーでは売っておりません。

また、こちらではスライス肉を殆ど見かけません。

スライスした肉を使ったフィリピン料理がないのでしょうか。

売っているお肉はぶつ切りだったり塊のままだったりします。

今回はフィリピンバーベキューのポークベリーに使う肉を買い

それを自分で切って作りました。

まぁ 生の豚肉を包丁で薄く切るのは難しいですね。

途中で諦め・・・

薄切りではなく一口サイズになるよう切り分けました。

また、作って食べたいので

スライス肉、近くに売ってないかな。。。

BYひろ

↓ブログ村に参加しています。よろしければ応援クリックを
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

AA BBQ!わたしの一押し

セブ市内にもいくつも店舗があるAA BBQ




シーフードなどは自分で選んでスープにしてもらったり焼いてもらったりリクエストができます。




お肉もいろいろ。




ポークベリーやチキンやソーセージなどなど






お値段も安いですし






ローカルな雰囲気も味わえるので、お客さんにも人気です。






そんなAAで、私が一押しするのは








コレ。








どーん

画像 933



キャベツのガーリック炒め。







めちゃめちゃシンプルな味ですが






シャキシャキ感もあり






ご飯にも






ビールにも合ってお勧めです。





是非おためし下さーい



BY あや

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 
 

GWキャンペーン

用意も出来たのでもう一度 告知します

GW期間に当社ツアーで遊んでいただいた方全員に

こちらのオリジナルキーホルダー

オリジナルですよ

オリジナル

こちらをプレゼントさせて頂きます


gwcp.jpg


詳しくはこちらもチェックしてみてください

http://jrexpress.blog83.fc2.com/blog-entry-1298.html

 
 

K様からのお写真

姉弟で参加されたK様

DSC_0200.jpg

約5m程の水深がありますが、

船上からも底まで見える程きれいな

珊瑚と魚の保護区でのシュノーケリング

DSC_0144.jpg

忘れ物のちょっとしたハプニングもありましたが

無事お返しも出来ましたし

DSC_0150.jpg

セブ島旅行楽しんで頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

BYひろ

↓ブログ村に参加しています。よろしければ応援クリックを
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

ボホール

先日のお花を食べた後にチェックインしたのがここ

ボホールに新しくできた ブルーウォーター

かなり大きな施設に素敵なホテルを作ってました

これからまだ建物なんかたてるんじゃないかな?

アロナビーチからは少し離れているけど

離れているからこの綺麗で人のいないビーチを堪能できます

残念なのは、フードメニュー おいしいけど少ないかな?

それでもこんな道をあるいたら
boholb1_20140408131924fd0.jpg


こんな素敵なビーチにたどり着きます

とっても素敵なホテルでした

boholbw.jpg


お勧めです

なかなか観光客の皆様はボホール一泊は難しいけど

やはり、ボホールは一泊してもらいたい

ツアーつくろう

みなさんが楽しんで頂けるような内容でね

行きたい!ってから応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村



↑↑↑↑↑
 
 

こっちを向いてるホセリサール

ある日、お釣りをもらって財布にしまう前に視線を感じ







もらったお釣りにに目をやると






国民的英雄 ホセ・リサールが







こっちを見ていた




画像 949





いつもは 横向いてるのに(左)
画像 951




よく見てみると


150YEARS 1861-2011


と書いてあります。




2011年に発行された150年記念コインだったみたいですね。





じゃあ、1861年って何があった??と思い調べると




ホセリサールが誕生した年でした。




以下、ウィキペディアより

生年: 1861年6月19日
生地: フィリピン、ラグナ州カランバ
没年: 1896年12月30日(満35歳没)
没地: フィリピン、マニラ
活動: フィリピン独立運動
所属: ラ・リガ・フィリピナ

ホセ・リサール(José Rizal,1861年6月19日 - 1896年12月30日)は、フィリピン独立運動の闘士にしてフィリピンの「国民的英雄(Héroe Nacional)[1]」。医師、著作家、画家、学者でもあった。志半ばにして捕らえられ、スペイン軍の手で銃殺されたが、その意志は人々に受け継がれ、フィリピン独立の英雄として現在も愛され続けている。




因みに

リサールは1888年に来日しており、1ヶ月ほど東京都(当時・東京府)内に滞在している。
これを記念して東京の日比谷公園にはホセ・リサール記念像が設置されている。


との事です。

近辺にお住まいの方、フィリピンを感じに見に行かれては如何ですか?



私も、5,6年前にミンダナオ島を旅行した際、Dapitanにあるホセリサールの家(博物館になっている)に
立ち寄りました。
すごく大きな敷地で緑がいっぱいの邸宅で
その中に着物を着た日本人女性の大きな写真が飾ってあったのを覚えています。



マニラのリサール公園も一度行ってみたいです。




BY あや
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村
 
 

花を食べる

先日ちょっとボホールの視察に行ってきました

地震からの復興がうまく進んでいるよう思われるボホール

人気のツアーにもなっていますのでこの辺りでなんか出来ないかと行ってきたわけです

まずはボホール有名なオーガニックのお店に


boholb3.jpg

こちらのお花まで食べれるサラダにかけるのは、ハニーマスタードドレ これがおいしい


boholb4.jpg


そしてこれが、ビーフタコス まあ、これはちょっとパリパリしすぎでした


その他の料理も本当においしく頂きました

お値段もお手頃 お勧めです

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。