スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

今年も遊びに来てくださいました

去年ご家族でセブにいらしたHさん。

会社の方々と一緒にまたセブに遊びに来て下さいました。

DSCF4018.jpg

今年は、H様の奥様とお子様はお家でお留守番との事でした。

Hさんご一行様の滞在中は本当に天候に恵まれて最高のアイランドホッピング&ゴルフ日和

だったと思います。

みなさん、いい色に焼けてましたよ。

晩御飯は、去年のフィリピン料理がおいしかったからと、今年もゴールデンカウリのリクエストを頂きました。

わたしも、ツアー後のショッピングやお食事にご一緒させて頂きました。

DSCF4019.jpg

元気なお子様にもいっぱい遊んでもらいましたよ。

一度遊びに来て頂いたお客様にまた来て頂けるのは本当に嬉しいですね。

お帰りの際には、「来年もまた来られるようがんばります」と言って頂けました。

本当に嬉しいお言葉です。

その際は、是非、ご購入されたJR Tシャツを着て来てほしいですね~

来年は、H様奥様お子様もお待ちしております。

皆様のまたのお越し、お待ちしておりま~す。



By Aya





スポンサーサイト
 
 

お客様からの写真

今回は職場の仲良し4人組み Kさんのグループ。

パンダノン島やカワサン滝のトレッキングを存分に楽しんで頂いた様子をご紹介。

DSC02624.jpg

アイランドホッピングへ出発!

P1010624.jpg

P1010635.jpg

P1010644.jpg

水中写真も綺麗に撮れています。

DSC02556.jpg

P1010671.jpg

なんかの罰ゲームですか??

P1010677.jpg

P1010476.jpg

なんか怖い・・・・

P1010506.jpg

カワサンの滝で修行中でしょうか。

煩悩のすべてを流されるようです。

P1010509.jpg

P1010516.jpg

P1010582.jpg

地元っ子と一緒に。

楽しそうな写真をいっぱい頂き、かなりの写真を割愛させて頂きました。

Kさんご一行様、またのおいでをおまちしておりま~~す



BY千葉









 
 

マンゴ

フィリピン産で有名なマンゴ、

旅行で来られる方は大抵どこかで食べてます。

ウチのアイランドホッピングでも必ず出します。

嫌いな人はめったにいないマンゴ、

日本の価格に比べればバカ安のマンゴ、

日本で言えば柿の木のように普通に生えているマンゴの木

だけど見ようと思いながら探すと・・・・

マンゴの木、見たことない人も多いのでは。




そこでご紹介!

IMG_3521.jpg

これがマンゴの木

IMG_3522.jpg

グリーンマンゴのインディアンマンゴという種類です。

グリーンマンごシェイクなどはこれのようですね。

小学生など学校帰りに塩つけてガリガリ食べながら歩いています。



種から植えると実がなるまで15年。

家庭菜園でいかがでしょうか。


BY千葉







 
 

ロングステイ

日本が冬に近づいてきましたので・・・

最近本当にたくさんのロングステイのお問い合わせを頂きます。



先日もロングステイツアーがありました。

セブは2回目のSさん

CIMG4491.jpg


初めていらっしゃった時は、マクタン島のリゾートで滞在中を過ごされたそうで

今回はセブ市を見てみるべくセブ市のホテルに宿泊されました。

物件の見学もセブ市、マクタン島と両方のロケーション、

物件タイプもそれぞれ違ったタイプを見学されました。

本格的なロングステイの開始前に自分に本当に合う場所を見つけたいとのことで、

セブにはこれから何回か通ってみるとのことです。

ご自分の目でセブを見て、感じ、セブの知識を増やしていかれる姿は

本当に頼もしいですね。

セブでのロングステイを快適に、充実して過ごすために大切なことだと

私も思います。

ツアー中は某日本食レストランのオーナーさんからロングステイに関する様々な情報や

アドバイスも頂き、趣味などについても話が盛り上がりました。

本当に有難う御座いました。


少しずつでも、セブ島を好きになっていく方が増えてくれると嬉しいですね。




Sさんもまた2月に来ていただけるとのことで、楽しみにお待ちしております。


By aya


 
 

念願の・・・

ずっと、ずっと食べてみたいと思いながらも

なかなか行くチャンスがなかったというか、

いつでも行けるからいいや、と思っていたのか。

なんだかんだ1年以上、食べてみたいと思い続けてきたアレを、

ついに食べてきました!!!!

しかも、シーウォーカーのスタッフ、Yちゃんと!!










そのアレとは・・・










CIMG4474.jpg



ど~ん


イカ墨のパエリア!!!



真っ黒です!

すみません、写真ではあまりおいしそうに見えないかもしれません。


しかし、実際は・・・・



Lami Kaayo!!! (すごくおいしい!!)



食べてみる価値ありです!!


この真っ黒のパエリアにマヨネーズ風のものを混ぜて食べます。


これまた美味!


これ1つで3人前ぐらいでしょうか。

パエリアは、結構メインなので他に何かつまめるものを・・・と思ったのですが

メニューに載っているあまりにおいしそうなPIZZAにとりつかれた感じのYちゃん。

結局、私たちが頼んだのは・・・・


パエリアと




CIMG4471.jpg


両方メイン


しか~し、このPIZZAもすっごくおいしい!!



おいしい料理とガールズトークに花を咲かせた台風の夜でした。



by Aya
 
 

バンコク出張

タイ バンコクに行ってきました。
洪水が心配されましたが、昨日までのバンコクは大丈夫でした
ただ、心配される洪水に備え街角では土嚢をつむ作業を目にしました。

その影響でアユタヤまでは行けませんでしたが
今回は、バンコク市内を視察して来ました。

ロングステイ目線の僕の感想をご紹介致します。

バンコクは。。。もう・・・日本です!


日本の地方都市なんかよりは全然発展しており
高いビル ホテルが立ち並び 新車が走る街でした。

日本食も豊富で専門店も多く なかでもらーめんはすごかったですね

聞いた話では空前のらーめんブームとか・・・
日本の有名店のブランチも出店してましたね。

どこもレベルは高くおいしかったなぁ・・・


まあ らーめんの話はおいておいて


物価はセブの1.5倍といったところでしょうか?


品数 店の数とも多く 困らないのではないかと思いましたね。
移動は電車が発達しているので、渋滞の多い街中はタクシーよりこっちが便利


日本人コミニティーも発達しているので安心ではないでしょうか?

居住区も選べると思います。 それだけ物件がある感じでしたね。


国内経済が上昇傾向で、中間所得層がどんどん出てきているらしく
失業率も0.4%らしい

人材不足が問題という事らしいから、まだまだ国の発展が望めそうです。


そんな素敵なタイですが問題点をあげるとすれば
やはい、言葉です・・・

英語が通じない・・・日本語ももちろん・・・


正直空港からホテルへ向かうタクシーの中で、こりゃまいったなぁ・・・

と思いました。


また、発展した街ですので、ゆっくり豊かなロングステイとなるとちょっとイメージから
遠くなる気がします。 生活にもよりますが、日本の生活を同じなのかな?
生活費もそんなに変わらないような気がしました。


そしてもうひとつ、微笑みの国の人たちは言うほど微笑んでくれませんでした(笑)



最後に1つ

男性が女性より綺麗でした・・・・・



以上簡単なレポートでした。
でも、またすぐに行きたい! いや 行きますカップ

日本に帰るなら、バンコクに帰ったほうがいいかも???
 
 

フィリピンにはどのくらいの日本人が住んでるの?

ロングステーを考えている人はもとより、

皆さんがちょっとは気になる事ではないでしょうか。

そこで、在フィリピン日本国大使館/在マニラ日本国総領事館様から

先日配信されたメールマガジンを、了解を得た上で転載させて頂きます。







===================================



在フィリピン日本国大使館/在マニラ日本国総領事館メールマガジン



===================================

海外在留邦人数調査統計速報を踏まえた

フィリピンにおける在留邦人と日系企業の総数・比率について

平成23年10月13日

在フィリピン日本国大使館

在マニラ日本国総領事館 



今般、外務省より「海外在留邦人数調査統計」平成23年速報版(平成22年10月1日現在)が発表されました。概要は以下のとおりです。

なお、調査統計の詳細については、以下をご覧ください。

  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/11/index.html 

 また、当館の調査統計の詳細については、以下をご覧ください。

  http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/statistics.htm (在留邦人数)

  http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/japanese%20companies%20survey%20result.htm (日系企業数)





 旅券法(第16条)により、外国に住所又は居所を定めて3ヵ月以上滞在する日本人は、住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出するよう義務付けられております。また、「在留届」提出後、転居や家族の移動など「在留届」の記載事項に変更があったときや帰国するときも、同様です。届出の励行をお願いいたします。

 在留届・変更届・帰国届の届出方法については、以下をご覧ください。

  http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/zairyu.htm 



1.海外在留邦人数

(1)在留邦人総数

(ア)海外在留邦人総数

 平成22年10月1日現在の推計では、海外に在留している邦人の総数は、114万3,357人で、前年比1万1,550人(前年比1.02%)増加しました。



(イ)地域別の在留邦人の比率

 地域別の在留邦人の比率では、北米地域が38.74%で最も高く、次いで、アジア地域27.36%、西欧地域15.51%、大洋州地域7.98%、南米地域7.33%の順となっています。他方、中東、中米・カリブ地域、中・東欧・旧ソ連地域及びアフリカ地域はいずれも1%未満となっています。この8年間、北米地域、西欧地域、南米地域の比率が漸減している一方、アジア地域、大洋州地域の比率は漸増しています。



(ウ)国別の在留邦人総数

 国別の在留邦人総数では、米国が38万8,457人で最も多く、次いで中国(13万1,534人)、豪州(7万856人)、英国(6万2,126人)、ブラジル(5万8,374人)、カナダ(5万4,436人)、タイ(4万7,251人)と続いています。

 フィリピンは、1万8,202人(前年比5.82%増)で13番目に在留邦人が多い国となっています。フィリピンの順位は平成18年以降変動ありません(※平成15年は第17番目、16年、17年は第14番目でした)。

 なお、フィリピンの在留邦人総数の全世界における比率は1.59%(前年比0.02ポイント増)、アジア地域における比率は5.82%(前年比0.05ポイント減)です。



(エ)国別の在留邦人の比率(アジア地域)

 アジア地域における国別の在留邦人の比率は、中国が42.05%(13万1,534人)で最も高く、次いでタイ15.11%(4万7,251人)、韓国9.29%(2万9,064人)、シンガポール7.85%(2万4,548人)、台湾6.89%(2万1,559人)、フィリピン5.82%(1万8,202人)、インドネシア3.74%(1万1,701人)、マレーシア3.10%(9,705人)、ベトナム2.73%(8,543人)、インド1.44%(4,501人)の順となっています。



(オ)都市別の在留邦人総数

 都市別の在留邦人総数では、ロサンゼルス都市圏が6万9,426人で最も多く、次いでニューヨーク都市圏(5万7,429人)、上海(5万430人)、大ロンドン市(3万5,662人)、バンコク(3万3,967人)、シドニー(2万5,808人)、シンガポール(2万4,548人)、バンクーバー(2万2,326人)の順となっています。

 マニラ首都圏は、1万227人(前年比0.40%増)で17番目に在留邦人が多い都市となっています。マニラ首都圏の前年と前々年の順位はいずれも19番目です。



(カ)男女別の在留邦人の比率

 男女別では、全体の52.01%(59万4,628人)が女性で、男性よりも4万5,899人多い。平成11年以降、女性の比率が男性の比率を上回っています。

 他方、アジア地域では、全体の61.73%(19万3,100人)が男性で、女性よりも7万3,433人多い。

 フィリピンでは、全体の70.15%(1万2,769人)が男性で、女性よりも7,336人多い。



(キ)在外公館別の在留邦人総数

 在外公館別の在留邦人総数は、ロサンゼルス総領事館が9万4,941人で最も多く、次いでニューヨーク総領事館(9万4,488人)、上海総領事館(6万5,414人)、ロンドン総領事館(6万332人)、サンパウロ総領事館(4万5,766人)、タイ大使館(4万3,925人)の順となっています。

 マニラ総領事館は、1万4,469人(フィリピン全体の79.49%、前年比2.04ポイント減)で全223領事公館中25番目(前年も25番目)、セブ出張駐在官事務所は2,421人(同13.30%、前年比0.01ポイント増)で73番目(前年は72番目)、ダバオ出張駐在官事務所は1,312人(同7.21%、前年比0.63ポイント増)で89番目(前年は93番目)に在留邦人が多い公館となっています。





(2)長期滞在者数

(ア)長期滞在者数

 平成22年10月1日現在の推計では、海外に在留している長期滞在者数は、75万8,788人で、全在留邦人の66.36%を占めています。前年比540人増加しました。



(イ)地域別の長期滞在者の比率

 地域別の長期滞在者の比率では、アジア地域が38.46%(29万1,817人)で最も高く、次いで、北米地域34.50%(26万1,770人)、西欧地域17.01%(12万9,076人)、大洋州地域5.45%(4万1,346人)の順となっています。他方、中東地域1.06%(8,051人)を除き、アフリカ地域、中・東欧・旧ソ連地域、中米・カリブ地域及び南米地域はいずれも1%未満となっています。



(ウ)国別の長期滞在者数

 国別の長期滞在者数では、米国が24万305人で最も多く、次いで中国(12万9,805人)、英国(4万7,423人)、タイ(4万6,232人)、豪州(3万1,312人)、ドイツ(2万7,451人)、シンガポール(2万3,041人)と続いています。

 フィリピンは、1万3,726人(前年比1.46%増)で12番目に長期滞在者が多い国となっています。フィリピンの順位は平成16年以降変動ありません。(※平成15年は第14番目でした)。

 なお、フィリピンの長期滞在者数の全世界の長期滞在者における比率は1.80%(前年比0.02ポイント増)、アジア地域における比率は4.70%(前年比0.08ポイント減)です。



(エ)国別の長期滞在者の比率(アジア地域)

 アジア地域における国別の長期滞在者の比率は、中国が44.48%(12万9,805人)で最も高く、次いでタイ15.84%(4万6,232人)、シンガポール7.89%(2万3,041人)、韓国7.38%(2万1,545人)、台湾6.82%(1万9,902人)、フィリピン4.70%(1万3,726人)、インドネシア3.72%(1万856人)、ベトナム2.89%(8,462人)、マレーシア2.89%(8,445人)、インド1.48%(4,327人)の順となっています。



(オ)都市別の長期滞在者数

 都市別の長期滞在者数では、上海が5万289人で最も多く、次いでニューヨーク都市圏(4万4,819人)、ロサンゼルス(4万3,147人)、バンコク(3万3,271人)、大ロンドン市(2万8,523人)、シンガポール(2万3,041人)、香港(1万9,954人)、シドニー(1万2,487人)の順となっています。

 マニラ首都圏は、8,309人(前年比0.20%増)で13番目に長期滞在者が多い都市となっています。マニラ首都圏の前年と前々年の順位はいずれも13番目です。



(カ)男女別の長期滞在者の比率

 男女別では、長期滞在者の52.76%(40万357人)が男性で、女性よりも4万1,926人多い。

 アジア地域では、長期滞在者の63.43%(18万5,117人)が男性で、女性よりも7万8,417人多い。

 フィリピンでは、長期滞在者の71.09%(9,758人)が男性で、女性よりも5,790人多い。





(3)永住者数

(ア)永住者数

 平成22年10月1日現在の推計では、海外に在留している永住者数は、38万4,569人で、全在留邦人の33.63%を占めています。前年比1万1,010人(2.95%)増加しました。



(イ)地域別の永住者の比率

 地域別の永住者の比率では、北米地域47.10%(18万1,130人)で最も高く、次いで、南米地域20.27%(7万7,946人)、大洋州地域12.96%(4万9,840人)、西欧地域12.56%(4万8,304人)、アジア地域5.45%(2万950人)の順となっています。他方、中米・カリブ地域、中東地域、中・東欧・旧ソ連地域及びアフリカ地域はいずれも1%未満となっています。



(ウ)国別の永住者数

 国別の永住者数では、米国が14万8,152人で最も多く、次いでブラジル(5万5,961人)、豪州(3万9,544人)、カナダ(3万2,971人)、英国(1万4,703人)、アルゼンチン(1万1,300人)、ドイツ(8,274人)、韓国(7,519人)ニュージーランド(7,174人)、フランス(6,228人)と続いています。

 フィリピンは4,476人(前年比5.84%増)で11番目に永住者が多い国となっています。(※前年は12番目であった。)



(エ)国別の永住者の比率(アジア地域)

 アジア地域における国別の永住者の比率は、韓国35.89%(7,519人)で最も高く、次いで、フィリピン21.36%(4,476人)、中国8.25%(1,729人)、台湾7.90%(1,657人)、シンガポール7.19%(1,507人)、マレーシア6.01%(1,260人)、タイ4.86%(1,019人)、インドネシア4.03%(845人)、パキスタン2.45%(515人)の順となっています。



(オ)男女別の永住者の比率

 男女別では、永住者の61.41%(23万6,197人)が女性で、男性よりも8万7,825人多い。

 アジア地域では、永住者の61.89%(1万2,967人)が女性で、男性よりも4,984人多い。

 他方、フィリピンでは、永住者の67.26%(3,011人)が男性で、女性よりも1,546人多い。





2.日系企業数

(1)海外進出日系企業総数

 平成22年10月1日現在の推計では、海外に進出している日系企業の総数は、5万7,332社です。

内訳は、本邦企業の支店・駐在出張所5,034社、現地邦人日系企業5万2,298社で、全体の約91%が現地邦人日系企業です。

現地邦人日系企業の内訳は、本邦企業100%出資企業1万6,667社(日系企業全体の約32%)、合弁企業6,464社(同約11%)、日本人が海外に渡って興した会社(判明分のみ)3,007社(同約5%)、分類不明の企業2万6,160社(同約46%)。



(2)地域別の日系企業の比率

 地域別の日系企業の比率では、アジア地域が70.10%(4万189社)で最も高く、次いで、北米地域12.09%(6,934社)、西欧地域9.07%(5,198社)の順となっています。

 他方、他の地域は、大洋州地域2.08%(1,193社)、中・東欧・旧ソ連地域2.24%(1,287社)、南米地域1.36%(779社)、中東地域1.13%(650社)、中米・カリブ地域1.02%(582社)、アフリカ地域0.91%(520社)であり、いずれも3%未満となっています。



(3)国別の日系企業の比率(アジア地域)

 アジア地域における国別の日系企業の比率は、中国が74.55%(2万9,959社)で最も高く、次いでタイ3.41%(1,370社)、インドネシア3.18%(1,278社)、マレーシア2.95%(1,184社)、インド3.05%(1,228社)、フィリピン2.67%(1,075社)、ベトナム2.44%(981社)、台湾2.48%(996社)、シンガポール1.79%(720社)、韓国1.34%(539社)の順となっています。





以上、いかがですか。

思った以上に日本人が住んでいると感じた方が多いのではないでしょうか。

                    
BY千葉


 
 

お客様からの写真

お客様からの写真。

今回はリピーターでもあり、たまにこのブログへコメントいただいているKUMAさんの登場。

P9135849.jpg

すでにベテランの域に達する?  ダイバーでもあるKUMAさん。

P9135885.jpg

セブ滞在中は、すべてダイビングに費やします。

そして今回の初日は、なんと・・・・・・


P9135903.jpg

KUMAさんの誕生日!!



P9160103.jpg


来月は、奥様も一緒にダイビングライセンス取得でらっしゃいます。

楽しみにお待ちしておりますね。



BY千葉



 
 

もうすぐ・・・・

今はまだ10月始めだというのに・・・・・



IMG_2709.jpg


ショッピングセンターではクリスマス商戦開始??



IMG_2707.jpg



IMG_2708.jpg


街中のあちことで、クリスマス用のイルミネーションも売られ始めます。



もうちょっとすれば、レジのお姉さんたちもサンタの帽子を被ります。



すでに近所の子供達からは、クリスマスパーティはやるの?

いつやるの?

質問攻めが始まっています。




いい大人までが・・・・

おはよう!!

もうすぐクリスマスだね!!


の挨拶で1日が始まります。



まだ2ヶ月もあるよ。

と言えば

いや、もう2ヶ月しかない!!


返す言葉が見つかりません。





BY千葉




 
 

庶民の食堂 LARSIAN

最近、私、お客さんから

「え!!日本人なんですか!?」

「お姉さん、日本語上手ですね」
と言われることが増えました。



.....何故??

普通に日本人の顔をしているはずですが・・・・



ということで、今回はそんな現地の人々(?)が行く庶民の食堂 をご紹介致します。

CIMG1298.jpg



そこは LARSIAN(ラーシアン)といわれている

CIMG1290.jpg

バーベキュー屋がずらりと並んだ場所。

この写真は、実際にこれぐらい煙っています。

同じようなバーベキュー屋がかなり広い敷地にぎっしり並んでいます。

1軒1軒はこんなかんじ。

CIMG1287.jpg

ぎっしりお店が出ているわりに

並んでいるメニューはどこほぼ同じです!

CIMG1297.jpg


あるのは、鶏肉、鳥皮、レバー、砂肝、豚肉、心臓・・・・と魚とイカ。

野菜は殆どありません!!

この中から好きな串を選んで

CIMG4403.jpg

焼いてもらいます。

ちなみに私のお気に入りは、ブルーマリンといわれる写真真ん中の魚と、イカの丸焼き。

それぞれ60ペソ。

CIMG4411.jpg

これがその魚とイカ。

これをフィリピン流、醤油と酢を混ぜた コレ

CIMG1305.jpg

につけると絶品。

そして、心臓。1本12ペソ。

CIMG4409.jpg


そして、食べるときは手にビニール袋をはめて、手で食べます。

ローカルスタイルです。

ご飯はもちろんプソ。

CIMG4413.jpg


そしてそしてそして


そんなバーベキューにぴったりなのが


CIMG4412.jpg

でました!

レッドホース!!


ローカルレストランに興味のある方はお知らせ下さい。

只、お腹の保証はできません・・・・



By aya






 
 

飲んで食べて ココナッツ

南の島といったらココナッツ
CIMG4188.jpg


セブにはココナッツの実がたくさん!!

現地の人もよく飲みます。



ワイルドに木に登ってココナッツを取ってきた後は


CIMG4190.jpg


ワイルドに実を割って


CIMG4191.jpg


そのまま飲む!!

結構、中のジュースは量がありますよ~!


その後は

CIMG4202.jpg

半分に割って


CIMG4203.jpg


そして食べます!!

食べてみると・・・シャキシャキ。

身がうすっぺらく、スプーンでかき集めるココナッツはよくありますが

ここまでシャキシャキした肉厚な中身は初めてでした。




そして・・・



ココナッツが好きなのは

人間だけではなかったようですね。

CIMG4208.jpg

私たちが飲んだ後のココナッツに寄っていました。

見ているだけで癒される光景です。




By Aya





 
 

お客様からの写真

今回はY様ご夫妻の写真をご紹介。

DSCF0193.jpg

ボホール島のターシャですね。

DSCF0154.jpg

チョコレートヒル、

この時期はミントチョコになっていますが・・・

DSCF0259.jpg

ホテルのプールにて、

ナイスシャッターチャンス!!


DSCF0249.jpg

これもいい写真ですね。



DSCF0312.jpg

DSCF0089.jpg

トライシクルやジプニーに挑戦。

DSCF0374.jpg

こちらの旦那様は、行く先々で散髪をするのが趣味だそうで。

DSCF0353.jpg

今回もきっちりと散髪。

散髪料はP30

DSCF0087.jpg

祝い事には欠かせない豚の丸焼き レチョン

DSCF0059.jpg

これ、なんですか?

海蛇?? うなぎ??

DSCF0063.jpg

えっ、 ホントに食べちゃったんですか??


かなりディープなご旅行でしたね。

Y様ご夫妻、またのお越しをお待ちしております。


BY千葉







 
 

ロングステイフェア

今日は14名様の団体さんで、ロングステイツアーに参加していただいております。

日本でテレビで見て興味があったのよ
なんて声を聞きます。

セブのイメージがよくなっているのかな?
もちろん 日本と同じようには行かない事もたくさんあるけれども
日本では味わえない事もたくさんある

前向きで豊かなロングステイ 

これが、当社の推奨キーワードです。

さてさて、告知です

そんな、盛り上がりを見せる ロングステイですが

この11月12日に東京でロングステイ財団 主催のフェアーが開催されます

今年は、当社もセブサロンとしてブースを出しますので

お時間のあるかた お近くへお寄りの際は是非

冷やかしに来てください(笑)


ちなみに、参加するのは、僕とあやちゃん


僕の事はどうでもいいけど、あやちゃんが来るの? あやちゃんにあいたーい

という方もお待ちしております。(笑)


詳細はこちら

日 時 : 2011年11月12日(土)  10:00~17:00

会 場 : 東京ファッションタウンビル(TFT)西館2F TFTホール1000・500・300
※ゆりかもめ「国際展示場正門」駅下車 徒歩1分
     
主 催 : 財団法人 ロングステイ財団
企 画 : 株式会社 日本経済広告社                
後 援 : 経済産業省、観光庁、(社)日本旅行業協会、日本経済新聞社
協 賛 : 全日本空輸株式会社、サントリーホールディングス株式会社


入場無料です!!!
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。