スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

またまたクリスマスの話題です。

昨晩、うちの近所の子供たちのために、クリスマスパーティを開きました。

この国では家庭を大切にする習慣が根強いためか、新婚さんでも実家に帰り、親兄弟とクリスマスを祝うようです。

盛りだくさんの料理やプレゼント交換、様々なゲームやカラオケで一晩中盛り上がります。

しかし家の近所には、スクワッターと呼ばれる、勝手に他人の空いている土地に住み込んでいる連中が多く、

その家はトタン屋根一枚にベニヤ板の壁、当然クリスマスパーティを開くような余裕はありません。

それでも電気を通している家庭は、精一杯のデコレーションを施し、クリスマスを祝いますが、

a (15)

大人たちが軒下で酒盛りする程度で、とても子供たちまで手が回りません。

それじゃ子供がかわいそうだと、帰国するたびに友人知人に頼んで集めてもらった、

古着や使いかけの文房具、壊れたおもちゃ、小さくなって履けなくなった靴などを、

毎年のクリスマスに大放出するようにしています。

その条件はたった一つ、

ちゃんと毎日学校に行く事。

全ての親にも伝わっているはずですが、これがなかなか浸透しませんね。






24日が近づくと、 毎日のように子供たちから、 今年もパーティやるんだよね、 何時から?

の声がかけられます。  

もちろんやるよ、 今年は7時から始めるから楽しみに待ってな。 

と答えると、いつもの悪ガキまでが妙に素直になります。



そんなこんなで迎えた24日、7時ちょっと前に会場にいくと、すでに50人以上のの子供たちが私を待っています。

そんな子供たちの熱気に押され、なんの前振りも無くあっという間にパーティ開始。

a.jpg

3,4歳くらいからの年齢別ダンスコンテスト、

a (2)

小麦粉の中に埋まったP1硬貨を口だけで探し出すゲーム、

a (3)

a (4)

ココナッツに突き刺した硬貨を口だけで取るゲーム

a (5)

このココナッツ、ご丁寧に炭が塗りつけてあるので、

これはナイスショットが期待できると思いきや・・・・・・・

a (6)

元々が黒い顔なので・・・・・・・・

a (7)

おやつの時間です。

今年近所のおばちゃんに頼んで作ってもらったのは、スパゲッティ入りのサンドイッチと、オレンジジュース。

びんや缶入りのを配っていたのでは、いくら予算があっても足りないので、ビニール袋にジュースを小分けしています。

早々と食べ終わった子供たちは、山積みされたプレゼントの物色、

a (8)

音楽が止まったら動いちゃだめゲーム

a (9)

a (10)

プライドがあるのか、中に入ってこない高校生、

a (11)

外で踊り狂いながら、キャンディーちょうだい、キャンディーちょうだい と騒いでいました。


次なるゲームは、男の子たちが3人ずつのグループに別れ、女の子の服を着てオカマ歩きするゲーム、

a (12)

a (13)

a (14)

なんと芸達者な事、腰をくねらせ、手をひらひらさせながら歩きます。





最後に全員で写真撮るから・・・・・・・・・・・

私がそう言い終わらないうちに、これもらったよ!!! と周りで観ていたお母さんたちの元に走り去る子供たち。

その後姿に、今年もパーティ開く事ができて本当に良かった、の満足感と共に、なんとなく寂しさを感じる私でした。



BY 千葉





スポンサーサイト
 
 

留学娘母からのメール

みなさん、メリークリスマス!
案の定、昨日は、爆音に起こされました・・・
12時前から鳴り響く 爆竹と花火で 起こされました・・・

バチバチバチバチバチ

ドドドドドーン

ヒューン・・・・・・・バン! ・・・・・ パラパラパラ・・・・

え? なんですか、このパラパラパラって

実は、これ僕の家のすぐ裏で花火を上げているので、爆発した火薬のかすが
僕にいえのトタン屋根に落ちる音なんです・・・

次は今月の31日にまたございます 覚悟しております・・・はい・・・

さて、先日、皆様にご連絡しました、留学娘さんのお話ですが
先日、僕のブログを見て頂きましたお母さんからメールを戴きました。

ちょっと、ほめられすぎで恥ずかしい所もございますが 皆様へご紹介します。

以下、原文のまま掲載致します。

  ↓ ↓ ↓

中学2年から、学校に行かなくなり、ヤクザっぽい人と遊んだり、年中補導。いきなり、言う事も聞かなくなり、態度も悪化。

児童相談所に通ったり、施設に入ったりしましたが、改善しかけても、また友達の誘惑にのってしまう・・・お互い様でしょうけど、

本当に悩みました。

聞いた話で山村留学等や内観等がいいのではとなり、色々調べました。

ただ、どこも、本人に変わる意思がないと、受け入れてもらえませんでした。本人は、ずっと拒否で、ほっておくしかありませんでした。

疑問に思ったのは、変わる意思がある位なら、こうはなってないのではないかということでした。

親として、確かにコミュニケーション不足し、本人は寂しかったかもしれない。反省もしましたが、

反省してても、なってしまったものは、どうするべきか・・・親がいくら反省しても、

受け入れ先が無いまま、学校にも行かず、同じ日々。

そこで、思ったのです。彼女には選択肢が少なすぎる。

本人の視野を広げ、選択の幅を広げるのが私の出来る事。

彼女は、今の環境で今いる回りの友達の環境の中にしか、選択肢が無い。

環境を少し違う所に 身を置く必要がある。でもでも、受け入れ先が無い。



そこで、見つけたのがセブ。中学生で受け入れがあるのは、セブだけでした。

物凄く調べました、受け入れ出来ても、住むところが無いとか・・・セブは寮も併設されていて、

しかも、料金も破格に安く、これだと思いました。



そこで、娘と本音で話し合いました。娘は、遊びも家も学校もつまらない。と言ってました。

これが、娘や、今もし同じ境遇の方がいらっしゃるならば、本音だと思います。



逆に、うちの様な、暴れん坊ではなく、引きこもりの傾向のお子さんは特にそうかも

しれない気がしました。失礼すみません。

海外に行かせるなんて、ヒドイと回りに言われたりもしました。でも、このまま

中学も出れず、ふらふらして、その先、どう娘と関わるか、縁を切る事になるしかありません。

行ってもらいたい。環境を変えたい気持ちでいっぱいでした。



でも、山村留学拒否したりするし、行くと言うかどうかの心配。

親としても、見た事も無い学校に簡単に行けてしまう学校への不安。



もちろん、現地学校に日本人スタッフさんもいますが、私の勤める会社の上司の友人が

セブで長年 観光ビジネスをやっており、その方の存在を話したり、(前野さんのことです)

もう、いいかげん、今のつまんないの、やめようよ、と言った所、やってみると言いだしたのです。



本人も英語話せるかっこいい人生に何だかワクワクしたり、でも大好きな友達と遊べなくなるけど

現地の人もいるし、まず、嫌な親と離れられるし、でも ちょっと変わってみたい気もするし。

そんなまとまりない心境だったと思いますが、思いっきり背中押して飛び込みました。



そして、学校も行き、見て素晴らしすぎて、安心し、一週間たった今、

英語でメールが来るようになりました。

というか、疎遠だった娘と 今では メールで仲良しです。



中学1年から行かせたら良かったと、本気で思いました。

環境で、こうも変わるんだと、ビックリです。



多感期の中学留学は本当にお勧めです。高校からでは遅いかもしれません。



帰ってくるのが楽しみです。

たくさん学校もありますが、どこを選ぶにしろ、やっぱり、現地に精通した前野さんがいたから、

娘も心を開き、私も安心でした、学校とのやり取りだけでは分からないこともあります。

娘からの報告だけでなく、前野さんから客観的に見た情報を頂けます、休日の過ごし方、

も、さすが観光専業だけあって、いろいろな世界を見せてくれます。海や現地案内だけでなく、

貧困を見たり、生き方についても、今どれだけ恵まれているか実感するでしょう。前野さんは、時には、学校へ

意見もしてくれます。せっかく行ったのに、ちゃんと実行されているかまで、見てくれます。

セブのお父さん的存在です。


以上です、今読み返しても、僕の顔が赤くなりますが・・・
とってもいい子なんですよ。

お母さんからお話を聞いたときはどんな子かな?と思いましたが
全然 かわいらしい女の子でした!

最近電話で、同室に韓国の女性が入ってきた!とお話してくれました。
昨日は学校のお友達と、韓国焼肉を食べに行ってきたそうです。

1月のおこずかいがたくさんあって、使いきれないなぁ・・・
なんて悩むところは、まだまだ子供です。

さてさて、今日はこれから、お嬢様をお迎えにあがります。
今日はクリスマスで学校が休みなので、大好きなおすしを食べに行ってきます。

また、たくさんのお話を聞いて
皆さんへ御報告いたしますね。

それではみなさん メリークリスマス!
 
 

クリスマスです!!

今日は24日、朝の出勤ラッシュも無く町は閑散としています。

ココでは、大抵の会社や小さなお店は休業です。

クリスマスは働くもんじゃないようで、今朝家を出るときなど、

近所の連中に、 

仕事? クリスマスに?  

驚きの声に包まれながら出かけてきました。


この時期、ボスもあちこちのパーティに招待されているようですが、

私も先日、和食レストランのパーティにお呼ばれしてきました。


IMG_4188.jpg

IMG_4192.jpg


厨房スタッフやウェイトレスの皆さん、 すでにハイテンション !!




ここでもいろんなゲームで盛り上がります。

一番すごかったのはトランプを次々とリレーしていくのですが・・・・・・

IMG_4195.jpg

こうやってトランプを次々と渡していきますが・・・・・・・・

IMG_4194.jpg

???

チーム分けしてのダンスコンテスト

IMG_4209.jpg

IMG_4216.jpg

IMG_4202.jpg


いろいろ趣向を凝らした振り付けや、自前の衣装で踊ります。

IMG_4197.jpg

IMG_4198.jpg

彼は、毎年ベストダンサーに選ばれているそうです。

IMG_4224.jpg

従業員の子供まで参加。

最後に特別賞もらってましたね。

まあとにかく、セブには芸達者が多いです。

最後の最後まで抱腹絶倒の時間を過ごさせて頂きました。



そして今夜は、近状の子供を集めてのクリスマスパーティです。

その模様は後日報告しますね。

BY 千葉

 
 

英語留学続報

どこもかしこも、クリスマス一色のセブです。

昨日はいつもお世話になっている、ホテルのクリスマスパーティーに誘われて
行ってきました。
毎年誘ってもらってますが、今年も大変楽しめました。

ホテル内の各セクション別に4チーム対抗戦 スポーツやゲームなどを戦い
その合計点で競います。

そしてその点数が一番大きいのが、最後のチームダンスです。
今年は、1人で出し物 2人で出し物 チームみんなでダンスと3種目 4チームでしたから
12個の余興を見せてもらいました。

いやーすごいですよ! 個人プレー有 チームプレー有 コメディー有 SEXY有と
楽しめました。 関心して、笑い転げて 感動をもした素敵なパーティーでした。

さてさて今日は、先日お話した留学生の続報をお届けします。

今回 セブに英語留学に来られたのは、実は14歳の女の子です。
中学3年生の彼女は、日本ではちょっとした問題児でした

学校にもあまり行かず、遊んでいたそうです。


いろいろと、そんな状況に悩んでいたご両親が、中学校に相談
中学の了解を得て、今回 セブ島英語留学となりました。

親がいて、友達がいて・・・その環境がちょっとしたことで悪くなった場合
なかなか、抜けられませんよね・・・
そしてそこへにはいろいろな甘えがあるのではないでしょうか?

そう考えたご両親は、思い切って環境を変えてあげる事を考えたとの事です。
それなら、思い切って、海外へ 将来の為になる英語の勉強とこうなったわけです。

ただ、そうしたって、当の本人が行く気持ちが無ければどうにもなりません
まさか、首に縄つけて飛行機乗せるわけにはいきませんしね

今回、この話を娘さんにしたとき、娘さんは 行くとうなずいたそうです。

彼女もどこかで、変えたい 変わりたいと思っていたのではないでしょうか?


そして、留学開始から今日で1週間 昨日 彼女から連絡がありました。

僕 『調子はどう?』  生活や勉強その他いろいろと聞きたい事をまとめての言葉でしたが

彼女 『うん! ちょっと判るようになってきた』

英語の授業がわかるようになって来たことがうれしそうにお話してくれました。
いいですね! 

がんばって勉強してね そしていろんな事を学んでもらいたいです。

今度は25日に彼女に会ってきます。
 
 

続 クリスマスパーティ

先日お伝えしました、パーティの続編です。

みんなお腹が一杯になると、協賛頂いたプレゼントの奪い合いゲームの開始です。

毎年、パーティーマスター ボン が趣向を凝らしたゲームを考えてきます。

出されたお題を、一番早く ボスの携帯に送信したら勝ち

例えば、 merry christmas など、

また、音楽が止まったら、広げた新聞紙の上に、パートナーごとに立つ、

一曲ごとにその新聞が半分になり、どんどん小さくなっていくので、

しまいには抱っこしなければ新聞の上には立てなくなってしまいますね、

もちろん最後まで残ったパートナーの勝ち、

そして毎年ウケるゲームと言えば・・・・・・

p (12)

小さなトマトをおでこにはさみながらのダンス。

これがだんだんずれ落ちていきます。

こんな風に

p (13)

p (14)

ついには・・・・・・・・


うまくずれてくれると・・・・・・・・








いやいや、これ以上は報告できません。






本当に毎年楽しませてくれるクリスマスパーティーでした。




BY 千葉







 
 

英語留学

先日、クリスマスパーティーについてご連絡しましたが
みんなで楽しみました。

そして次の日・・・

見事にドライバーのロイが無断欠勤
その次の日の体調不良で欠勤

という状態でございました。

こってり、説教しましたが、わかっているのかどうか・・・

困ったものです。

さてさて、今日は語学留学に関してちょっとお話します。


英語留学って昔からありましたが、ここのところちょっと様子が変わって来てる
ようです。

ちょっと前までは、留学=アメリカ カナダ オーストラリア イギリス
といった感じでしたが、最近の傾向として、安く留学というキーワードで
ここフィリピン セブが注目されてきました。

フィリピン セブ はアジア唯一の英語圏、そして物価も安く
滞在費などが安い事がそのメッリト そして 日本から近いというのもポイントですね


そして今回、私の日本で大変御世話になっている方の関係の娘さんが
おととい、セブに到着されました。

これから3ヶ月の英語留学を体験されます。

詳しい事は後日改めてご報告いますが、今日は今回留学している学校について
お話します。

セブ ラホッグ にある、USPという大学です。
一般の大学内にある、語学学校に今回は入学されました。

大学の施設も使え、クラブなどへの参加も可能 なにより友達がたくさん出来そうで
いいですよね。

大学側にも日本人スタッフが常駐 何かあった時にはサポートしてくれます。

住まいは、大学の敷地から歩いて、2分くらいの学生寮、この学生寮
ちょっと素敵な施設でした、プールも完備してます。

今回一緒に学校視察をしたお母さんが、ちょっと良すぎる!
もうちょっと、厳しい環境の方がよかったなぁ・・とお話してました。

肝心の授業ですが、基本的に1対1の授業ですので サボれません・・・

これなら、きっと英語マスターのスピードも速いのではないでしょうか?


今回の3ヶ月の留学の模様を僕が時々おじゃましながらブログでご紹介していきたい
と思います。 
 
 

大 クリスマスパーティ

ボスの気苦労の成果、クリスマスパーティを開催しました。

もう当日は、スタッフ全員が朝から仕事に手がつきません。

話す事全てが
パーティ
パーティ
パーティ

宴会担当者 と呼ばれる人は、どこにでも一人や二人はいるものですが、

ココでは、全員が・・・・・・  いや、おそらく全国民がそうだと言えるかも知れません。

仕方が無いので、一人黙々とPCに向かう私は、変わり者???

ここでは、クリスマスパーティ=忘年会 の意味もあるようで、この時期はあちこちでパーティ、パーティ、

あちこちのレストランは貸切ですよ。


そんなこんなの 我が JR エクスプレス クリスマス パーティ オープン

p.jpg


弊社では専属の サンタクロースがいます。

p (1)

ツアーガイドのボン、

彼が毎年仕切ります。仕切ります。仕切りまくります。

とてもサンタのブーツとは思えない、怪しげなブーツと共に仕切ります。

p (2)

影の主役は、フィリピン名物の大カラオケシステム!!!

p (3)

スピーカー、沢山付けりゃいいってもんじゃないだろ

p (4)

専属ガイドのジョニー!!

p (5)

アイランドホッピングでおなじみのジャネット!!

p (7)

ボホールツアーでおなじみの ジョエルとその家族も参加です。

p (6)

p (8)

p (9)

ビール3本目???





もちろんセブのパーティに欠かせないのは・・・・・・・・


ジャ~~~~ン

p (10)


後編へ続く

BY 千葉



 
 

クリスマスパーティー準備偏

クリスマスパーティー それはフィリピン人にとって一番大切なものです。

キリスト教だからと一言で表現するにはあまりにも、軽すぎる。
本当に気合が入っております。

今日はその気合の入り方を僕の愚痴と共に説明させて頂きます。

まず、今年は事務所を移したり、車が壊れたり 新しいビジネスを始めたりと
出るものが多かったので、僕的にはパーティーはなし
スタッフに少しボーナスを出して、プレゼントをわたして終わらせようと思ってました。

所が、いつも従順なスタッフがこれには一丸となって猛反発

それでは、やる気が出ない! (いやいや・・・出して下さい)

そんな話聞いてない! (だから今話ししたんだけど・・・)

じゃーいつやるんだ! (だから やらないという事で・・・)

もう、みんなに言っちゃったよ! (え? 誰に? 何ていったんですか?)

プレゼント交換用のプレゼントを何にしようか決めました! 
(はい? まだ買ってないって事でしょ?)

などなど・・・まあ 今までに無い 反発がございまして、しかも全員から・・・

そんな事で今回は、事務所でスタッフだけ+その家族という事でやることを決定
させられました・・・

決まってからがすごい!

え? 君たちそんなに、バリバリ出来たの?って僕が驚くほど
テキパキ 段取りします。

食事はケータリングを頼みます  お金下さい。  (はい・・・)

プレゼント交換は一人200ペソまでとしますがボスは1000ペソでお願いします。

(え? あ・・・はい・・・)

パーティーでのゲームの商品を買ってきます お金を下さい  

(はい? それはこっちで用意します・・・たぶん。。。)

大変です! 豚の丸焼きを1日間違えてオーダーしてしまいました
今から行ってきます!

(はい・・・あれ? この子 こんなに行動が早い子だったっけ?
      お使いたのんでも、全然出て行かない子がもう出かけた?)

そして、何より驚いたのが、ギフトの請求です。

会社間の取引のある、会社へ パーティーがあるので、何か下さいと
たくさん、手紙を送ってました


あとでそれを知って、本当に恥ずかしい思いをしました・・・

海舟さん 一力茶屋さん 神楽さん アクアマリンさん コスタベリアさん
マリバゴグリルさん ジャングルバーさん キマヤスパさん
パラダイススパさん THESPAさん クラウンリージェンシーさん
マルコポーロさん タンブリさん 但馬屋さん オーシャンジェットさん ・・・

ご協力ありがとうございました。

頂いたギフトは全て、私以外の参加者へプレゼントされました。


実は、そのパーティーを昨日やりました。
まあ、やったらやったで楽しいもので、みんなもこれでやる気を出してまた1年がんばって
くれると思いますからそれでいいと思います。

パーティーの様子は千葉さんが写真をたくさんとっていたので後日、会社のブログにて
紹介すると思いますので割愛させて頂きますが・・・・・

現在、現地時間10:30・・・・・ 誰も出勤して来ません・・・・・

なんだこれ?(笑)

でも、これもしょうがないそうです、パーティーの次の日は遅刻してもOKという
セブ流のルールが存在するそうです。

はい・・・・・

がんばって、僕も理解するよう心がけます・・・・・

いや違う! これだけは、違います!
これから、みんなが来たら、お説教ですね

何はともあれ、メリークリスマス!
 
 

セブの風景

ある日の出来事。




仕事も一段落、何気に窓の外を眺めていると、西の空がじわじわとオレンジ色へ、

すぐにバイクにまたがり、一路夕焼けを目指す。

空港脇の道まで来ると、空がますます鮮やかなオレンジ色に。

急げ、急げ、












IMG_4118.jpg



BY 千葉
 
 

出会い

昨日の夜、ある人の紹介で、素敵な方に出会いました。

ある方と、スタッフの方3名 僕を入れて4人の日本人で夕食をご一緒させて頂きました。

詳しい事はちょっとかけないのですが、とっても素敵な出会いに感謝しました。
そして、紹介をして頂いた方にも本当に感謝しております。

私の都合で8時から始まった会食でしたが、気づいてみれば1時過ぎ!
あら? って感じで時間が過ぎていきました、濃厚な時間を過ごせました。

今回、何がそんなに感動したかというと、すべての会話が前向きだったという事

そして、壮大な計画を着々と進行されているという事

なにより、言葉がすごいですね。


【神様は解決出来る試練しか、人々に与えない】

今、自分に与えられた試練は自分を成長させる為に神様が与えてくれたもの

この言葉を聞いて、がんばろう!って気になります。

また、ご先祖様を敬う事が大切

次回、帰国時はおじいちゃんとおばあちゃんの写真を持ってこようと思います。


なんだか最後はちょっとスピリチュアルな話になってしまいましたが
とっても勉強になるお話の数々を戴きました。

さあ、これからまた がんばるぞ!
 
 

超~~~~~ ローカルツアー!!!

先日お越し頂いたお客様 OKさん。

お食事は、ローカルディナーをご要望。

と言っても、単なるローカルフィリピン料理レストランではありません。

二度目のセブのOKさん、ローカルマーケットのBBQはすでに体験済み。



そこで・・・・・・・・・・・・・・・



我が家の近所へご招待。




究極のローカルディナー体験です。



IMG_0935.jpg

夕方になると道端に開店するこのBBQ屋さん。

紺所の人たちが夕食のおかずを買いに来たり、

おじさんたちの宴会の場になったりします。


メニューと言えば、

IMG_0967.jpg


左下 豚の血を煮詰めた煮凝り、
左中 一本だけあるのは、鶏の腸
左上 鶏の頭を開いたやつ
右下 ご存知ホットドッグ
右上 甘辛がおいしいチョリソ・ソーセージ



そして定番、子供も大好きな

IMG_0966.jpg

通称 アディダス   鶏の足

コラーゲンたっぷりで、食べにくいけど結構おいしいんです。

もちろん豚や鶏の手羽先、胸肉 などもありますよ。

この日はOKさんのリクエストで、キニラウ(小魚のマリネにココナッツミルクを加えたもの)

や、フィリピン料理の代表格である、シニガンスープを、特別に用意してもらいました。



また、この日はタイミング良く、カロリン真っ盛り。

子供たちがクリスマスソングを歌いながら近所の家を訪ね歩き、小銭をもらうカロリン。


IMG_3337.jpg

IMG_3335.jpg

IMG_3334.jpg

もちろん子供ばかりではなく、

IMG_3338.jpg

子供たちのカロリンは微笑ましいといえばそうですが、歌と言えば・・・・・・・

このくらいの年齢になるとちょっと本格的。

彼のギター演奏もなかなかでしたよ。

この日は来なかったけど、近状の看護学校の生徒さんたちのカロリンは、

私も楽しみにしている年中行事の一つです。


当のOKさんといえば、お腹もこわさず無事にご帰国、

また連れてってください、とのありがたいメールを頂きました。



こんな超ローカル体験をご希望の方、いつでもどうぞ。




しかし・・・・・・うちのドライバーのロイ君、

次は私のうちに行って と言ったときの彼の表情は一生忘れません。

えっ??? えっ???  あなたの家ですか???

そうだよ。

えっ??? えっ???  お客さんも一緒にですか????

そうだよ。

えっ??? えっ???  あなたの家に行くのですか???

そうだってば。

えっ??? えっ???  


BY 千葉
 
 

お友達のお友達

実は、昨日35歳になりました。 僕です。

日本の男性の平均寿命が78歳くらい ここフィリピンが男性67歳くらいですから
僕もちょうど、人生の真ん中に来ることが来ました。

これまで、たくさんの人に迷惑をかけ、そして助けてもらって来ました
そしてこれからもたくさんの人のお世話になると思います。

さあ。35歳の年もがんばるぞ!

そんな35歳の誕生日を、一緒に祝ってくれたのが 2人のゲストでした。

実は、この方は、はじめてセブに来てくれた、方の紹介で来てくれた方のお友達
として、初めてセブに来て頂きました。

そして今回、その方がはじめてのお友達をつれてきて頂いたわけです。

ちょっと文字で書くとややこしい話ですが

ようは、たくさんの方に支えられているという事ですね。

感謝の気持ちを忘れずにこれからもがんばります。
 
 

お客様

お客様も少なく、平和な日々を過ごしています最近・・・・・・

喫茶店開店のために、連日スパゲッティーを試食しています。

おかげさまで・・・・・・・・・・・・・



食費が浮いて助かってますよ。





そんなある日に弊社をご利用頂いたお客様から、お礼のメールを頂きました。


IMG_0794.jpg

もちろん他の方たちからも沢山頂いていますが、

ちょっとうれしい、というか、セブの事をよく理解してくれたメールを頂いたので、

ご紹介させて頂きます。

>>>>>
セブ島では大変お世話になりました。、

とても安心で快適でしたし、自分達で調べて行ったとしても
あんなに楽しく過ごせなかったと思います。
千葉さんに教えていただいた、ジャングルはとても楽しかったですし、
19日のゴールデンカワリは安くておいしくて、驚きました。

発展途上国の現状も垣間見ることが出来て、考えさせられることがたくさんあ
りました。
働くことが、その日1日を生きるためでなく、自分の夢や、自分のために使え
るだけの
余裕が出来ると良いな・・・。と思う反面、その代償に自然や、温かい人達が
なくなるので
は・・・。
とも思います。
日本はとても治安が良いですし、職を選ばなければ仕事も出来ます。
仕事が出来れば、ある程度の余力も出来、衣食住に困ることは少ないです。
その代わり、日本人は気持ちのゆとりが少なく、笑顔も挨拶も町には溢れてい
ません。
セブ島に行って、日本には無駄が多すぎると思いました。
古き良きを失わず、自然と共存して発展してほしいと切に願っています。
私に出来ることがあったら、何か力になりたいと思います。
<<<<<


IMG_0633.jpg


IMG_0714.jpg




若い世代の人たちが、こんなふうに何かを感じ取ってくれれば、と常々考えている私とって、

本当にうれしいメールでした。




景気低迷しまくりで、何かと大変な日本ですが、こっちの人たちからみればまだまだ裕福。

リゾートホテルのプールサイド、 安いね~~~  と言いながら飲むキンキンに冷えたビール。

しかしそこにいる従業員は、1日働いてもそのビール一杯飲めるかどうか。


頑張って時間をかけて貯めたお金を、数日の滞在で使いまくるお客さんの姿しか見ていませんから、

日本人=お金持ちと思われても仕方がありません。


自分で頑張った成果を、思う存分楽しむのですから、別に恥らう必要はありませんし、

もっと楽しんでもらえるよう私たちも努めています。


しかし、せっかくの旅行です。 

ただ楽しかった、では終わらせずに、

何かを感じ取ってもらい、それが皆様のお金には換えられない大切な財産になれば、

単なる観光案内に終わらずに、そんな財産を作るお手伝いができれば、 と考えています。


BY 千葉

 
 

SRRV 特別移住退職者ビザ

いやいや、先日から毎日、スパゲティー食べております
ナポリタンは結構おいしく、味も統一出来るようになりました。

今、悩んでいるのが、和風きのこスパ
きのこをバター醤油で炒めたスパゲティーですが、醤油が強すぎて、
味がうすいのに辛いんです。 その為、めんつゆを加え、醤油を抑えました。
これが結構おいしかったですので、メニューにしようと考えてます

が・・・

一つ、重大な事に気づいてしまいました・・・

おいしいのはおいしいのですが、なんだか他に知っている味なんです

それは何か・・・何か・・・

はい、焼うどんでした! まあ焼うどんもおいしいでしからそれはそれでよしという事で

皆さんお試し下さい。



さてさて、本題です。
以前もお話しました、当社のロングステイサポートですが
そういえば、その重要な事をお話してませんでしたのでちょっとご説明を

ビザについてです。

海外でロングステイを希望される場合、一番問題になるのがこのビザではないでしょうか?

アメリカ圏ではその取得が難しいと言われたり
また、条件のハードルが高かったりします。

今まで比較的、条件がよく取得出来ていたマレーシアも現在は
そのハードルがあがったと聞いております。

そんな中、フィリピンのビザは比較的ハードルが低く
取得しやすいビザだと思います。
また、特典も多いのが特徴ですね

そんな条件をご紹介致します。

35歳以上であればほとんど無条件で取得できる。
退職者ビザ保持者は就労できる(ただしAEP、外国人就労許可証の取得が必要)
滞在年数ならびに出入国の制限がなく、ビザの更新も不要(IDカードの更新のみ必要)
SRC(再入国許可)、ACR(外国人登録)が不要、出入国が簡単、自由
追加の定期預金無しで2名までの配偶者ないし21歳未満の子供の同伴が可能
( 同伴の子供は就学できる)
トラベルタックスが不要(フィリピンに1年以上続けて滞在していないことが条件)
US$7,000までの身の回りの品を無税で輸入できる
恩給並びにに年金による収入には、フィリピンでは税金がかからない
ビザをキャンセルすれば定期預金ならびに投資は外貨で本国へ送還できる


こんな感じです、しかも、申請に必要な貯蓄額が減額され今では

50歳以上;         2万ドル
35歳以上50歳未満;  5万ドル
3名以上の同伴家族; 1名に付き15000ドル

   定期預金は海外から送金された外貨で行うことが必要

年金をフィリピンで受け取る場合はドル定期預金は1万ドルに減額される。
ただし、独身で月額800ドル、妻帯で1000ドル以上の年金が必要

と、他の国の条件に比べると取得しやすいの特徴ですね。

現在、当社ではこちらのビザを取得されたい方のサポートをしております。
興味のある方はお問い合わせ下さい。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。