スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

釣りについて

もう5月も終わりですね。 パッとしないGWでしたが
それでも、GW明けも、ちょこちょこお客様が来てくれました。
本当にありがたい事です。

今回は釣りについてのお話です。

実は、ここセブ、海に囲まれているし、魚自体はたくさんいます。

町の市場には獲れたての魚が並んでいますし
仕事は漁師という人間はたくさんいます。

なのに・・・なのに・・・

観光客の皆様が楽しめる 釣り がありません・・・

実は、当社の問い合わせで一番多いのがこの釣りについての
問い合わせなのです。

今まで、僕自身も、調査で何度か行ってきました。
でも、釣果はゼロ・・・
たまに、小さな熱帯魚がつれますが、これはこれで
楽しいというより、かわいそうで・・・

その後もいろいろ情報を集めてはいるのですが
隣の島へ行けば、大物があがるよ!
南に2時間走ったところから船で1時間いった所がいいよ!

など、ツアーとして手軽に楽しむにはちょっと厳しい条件なんですね

そこへちょっとした情報は舞い込みました。
トローリングが出来る! しかも マクタン島から!

はじめに聞いた時は、うそだ~ と本当に思いました。

でも、本当に釣れたらラッキーと思い
ちょうど、釣り好きのリピーターさんが来るので
一緒に調査してきました。

① 通常アイランドホッピングで使用するエリアから出発

→◎ ゲストのみなさんが通常お泊りエリアから近くて便利!

② 船は通常のバンカーボート ただアウトリガー付

→△ アイランドホッピングならOKですが
   トローリングと謳っているからにはもう少しまともな設備
   を期待してしまいます。

③ 釣果

→× 約3時間の釣りで、釣果はゼロ・・・見事に予想通りでした。

スタッフに聞いてみたのですが、前回のお客さんも釣果ゼロだった
との事、ただその前のお客さんはカツオが3匹釣れたとの事

そして、たまにマグロが釣れるそうです・・・

結論です。

もともと釣りのしない僕は大切なセブ島旅行の
一日を釣れない釣りにかけるのはなかなか   
厳しいと思いました。

ただ・・・

今回一緒に調査してくれたゲストは、なにやら楽しそうでした。
???不思議に思い感想を聞いてみると・・・

釣りなんて、こんなものですよ、釣れない釣りも釣り
釣り好きは、糸をたらしていればそれで幸せなんですよ との事

あれ???って具合に本当にびっくりしました。

釣れない釣りは楽しくないと思う素人の僕
釣れなくても釣りは釣りと楽しむ 釣り好き

さて、この商品開発の行方は! 乞うご期待!
スポンサーサイト
 
 

初体験!!

先日、お客さんと一緒に行ってきましたよ !!!

エッジコースター文字色

いや~~  正直なとこ、びびりまくりでしたよ。


IMG_0472_convert_20090525150717.jpg

最初はこんな感じで余裕でした。

IMG_0485_convert_20090525150938.jpg

目の前に広がるこんな風景を見てる余裕もありました・・・・・・・ がっ !!!

IMG_0480_convert_20090525151425.jpg

動き出したかと思った次の瞬間    これもんですよ。

このままの状態で、地上130Mの高さを1周するんです。

人や車が豆粒みたい・・・などという、もろ真下に広がるセブの町並みなど記憶にありません。

ただただ体を支える装置が壊れないようひたすら祈るのみ。

途中で突然止まったかと思うとまた動き出す、 そのたびに心臓がバクバク。

コーナーでは、外側へ引っ張られるような遠心力にひたすら耐えました。

終わったときにはお客さんともども声が枯れていましたね。 ナサケいな~~~


IMG_0490_convert_20090525151725.jpg

夜も営業しているそうで、こんな夜景が見れます。

機会があったら是非挑戦してみてはいかがですか。

BY 千葉




 
 

また、くらげ

いやいや、先日書いた日記でくらげの写真をご紹介しましたが
今日は、もっとすごいくらげの写真です。

Send0003.jpg


毎年、必ず2回 お友達と来て頂くいつもの4人組み
の一人から送っていただきました。

毎回、5日間から7日間くらいご滞在いただくグループで
もっぱら、ダイビングに明け暮れる皆様です。

来られるたびに、カメラの機材が増えてきたり
バージョンアップしたりしていて、今が一番楽しい時期なのでは
ないでしょうか?

しかし、今回のこの写真はダイビング中に撮ったものでは
ありません。

実は、弊社アイランドホッピングに行かれた時
パンダノン島の周りで、シュノーケルをしているときに
撮ったものだとのこと・・・

実は、僕が先日載せたくらげの写真を撮っているまさに
そのときに、この写真は撮られたとのこと・・・

僕の負け・・・

実に、神秘的な浮遊物 海中に注ぐ太陽の光をも見事にとらえた
素敵な写真ですね。

この素敵な写真を皆様にもごらん戴きたくUPしました。

Tさんありがとうございます。

また写真送ってくださいね。
 
 

いや~~、インフルエンザなんて、

小学校時代の予防注射を思い出させる程度のもんだと思ってたら・・・・・・・・


情報量が少ない国や、言葉がわからなければTVやラジオを聴いてても

ちんぷんかんぷん。


でも、海外在住者にとって、こういうときに頼りになるのが、滞在地の大使館や領事館。

在留邦人届けって言うのを提出しておけば、いろんな最新情報が逐次送られてきます。




今回のインフルエンザでも、かなりの数が送られてきましたが、そのうちの最新のものを

ここにご紹介!!




===================================



在フィリピン日本国大使館/在マニラ日本国総領事館メールマガジン



===================================





在留邦人の皆様へ





  大使館からのお知らせ(新型インフルエンザ関連情報)



                  2009年05月12日

                 在フィリピン日本国大使館



 標記に関する最新情報として、以下のとおり、お知らせ致します。



1.タイでの感染例

 12日、東南アジアで初めての新型インフルエンザ感染確認として、タイで2
名の感染が確認された模様です。この2名は、いずれも今月初めにメキシコから
タイに帰国したタイ人で、タイ政府の発表によると、両名とも抗インフルエンザ
・ウイルス薬の投与などの治療を受け、既に退院しており、両名との濃厚接触者
も隔離され、検査を受けたが感染は確認されなかったとのことです。



2.フィリピンの状況

 当地報道にて、日本からマニラ空港に到着した乗客2名が新型インフルエンザ
の感染疑いで、保健省の観察対象となっていると報じられてましたが、当館より
、フィリピン保健省に確認したところ、右2名は空港到着時発熱が確認されたこ
とから同省熱帯医学研究所(RITM)に隔離して検査を受けたものの、新型イ
ンフルエンザ陰性と判明し、11日同研究所を退院した由です。

 なお、フィリピンにおいては、現時点で、新型インフルエンザの感染が確認さ
れたとの報告に接していません。

 また、フィリピン保健省によれば、5月1日以降12日までの時点で、新型イ
ンフルエンザの感染が疑われ、同省の観察対象となって検査を受けた事例が38
例となったが、うち37例については新型インフルエンザ陰性であることが判明
し、現在1例のみ同省の観察下にあるとのことです。



3.感染防止策

 下記の点に留意し、引き続き、感染防止に努めてください。

(1)十分な水・食糧の備蓄を行い、不要不急の外出は控える。

(2)外出する際は人混みを避ける。また、咳やくしゃみ等による感染を防ぐた
め、マスクを着用する。

(3)積極的に手洗いやうがいを行う。

(4)ウイルスは粘膜を介して感染するので、口、鼻、目などの粘膜部分に手で
触れない。

(5)発熱や咳などインフルエンザと似た症状がみられた場合には、現地の医療
機関を受診する。



(問い合わせ先)

○外務省新型インフルエンザ相談窓口

  電話:(代表)03-3580-3311 (内線)4625、4627、
4629



(関連ホームページ)

○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/


○厚生労働省ホームページ(新型インフルエンザ対策関連情報) http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

○世界保健機関(WHO)ホームページ(豚インフルエンザ関連)

  http://www.who.int/csr/disease/swineflu/en/(英語)

○農林水産省ホームページ(新型インフルエンザ関連情報)

  http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/buta.html



(実際に送られてきたものを、大使館様の承認を受け転載しました)



なんか頼りになりますね。


この前の台風情報なんかも、しっかりと送ってくれましたよ。

大使館さま、ホンとにご苦労様です。

おかげで安心して暮らせます。



BY 千葉

 
 

くらげ

GWが終わりましたね
みなさんも長期休暇から現実世界に戻されているのでは
ないでしょうか?

おかげさまでGWはたくさんのお客様に来ていただきました
といいたい所でしたが、正直ぱっとしないGWでした。

理由はもちろん 豚インフル ・・・
新型インフルエンザの影響ですね。

企業によっては、社員の海外渡航禁止をしたり、勧告する所
が出ているみたいですからしょうがないですね。

日本でもなんだか感染者が見つかったらしいし・・・

でもこのまま、この状況が続けばと考えると。。。

ちょっと怖くなりますね。

さて、そんな時はくらげ見て元気だしてください。

先日のいつものゲストとアイランドホッピングへ行ったとき
シュノーケルでとってきた写真です。
DSCF2175.jpg



親指の先ほどのくらげを、水中から空に向かって撮影してみました。

何枚かとりましたが、見事にピンボケ・・・
それはそれでと思いまして皆さんにお届け!

水中でただ、ゆらゆらと浮遊するくらげ・・・

半透明な体・・・

なんだか、こいつに癒される僕でした。
 
 

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか。

みなさんのゴールデンウィークはいかがでしたでしょうか。

ayaサンの旅行は???

ここセブでは、ayaサンの心配だったお天気も、5月に入ってからは、時折雨が降る程度で、

何とか持ち直しましたね。


家族旅行でいらしたKファミリーのお父さんは、日焼けで顔中の皮がボロボロになりながらも、

今日元気にお帰りになりました。


しかし何ですね、セブはすっかり 夏じゃない時期 に入ったようです。

夏に吹く風、AMIHAN はすっかり HABAGAT に変わりました。


AMIHANは、夏に吹く風で、北から南へ、

この時期は年中でもっとも暑く、波もあまり立たないのでダイビングやマリンレジャーの絶好のシーズンと

されていますね。


それに対して HABAGAT は南から北へ、

この雨は雨や台風をもたらしますが、この雨により作物が育つ事もあり、文字通りの 恵みの雨

でもあります。


この時期は、レストラン D VIEW からの眺めが最高になります。

3階の屋上にあるこのレストランは、空港が一望出来るのがウリのひとつですが、

HABAGAT の季節になると、飛び立つ飛行機がこのレストランに向かって飛んできます。

その迫力たるや、何回見ても飽きません。

もちろんショーも楽しいですよ。



誤解のないように言っておきますが、この HABAGAT の季節は確かに雨は多いけど、

日本の梅雨のように、毎日降り続くものではありません。

雨が降りやすい、夏(乾季)に比べれば雨が多いという事で、たとえ降っても、

一日中降り続くことはめったにありません。

なので、安心してセブへお越し下さい。

BY 千葉

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。