スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

たくさんたくさん

また久しぶりの日記になってしまいましたが
そうなんです、たくさんのお客様が遊びに来て頂いております。 まだまだ小さな会社なのでお客様が来られると僕も一緒に遊んでもらうわけです、そうすると帰りも遅く・・・お酒も入り・・・次の日の事を考えると・・・

日記かけません・・・
言い訳番長とは僕です・・・

今日の日記

そんな感じです、まだまだお客様がいらっしゃいます
これからゴルフをされてるお客様をお迎えにあがります。

でもすごいですよ
ここの所、セブ島では夜間 朝方にスコールが降ります
その後、日が出て容赦ない日差しを与えるわけですから

普通でも気温28度とか29度ありますから
その照り返しでますます暑く 湿気も半端ないでしょう
その中 約4時間 歩いて 打って 歩いてですから・・・

それは疲れます
でも・・・でも・・・

その後のシャワー ビール マッサージの
黄金コースが待っているわけです。
そしてこの黄金コースが日本円で約1500円であれば
うれしくなっちゃいますよね。

さぁ お出かけです。
ここの所のお客様の素敵な写真をいっぱい取っております。
皆様お待ちくださいね。
スポンサーサイト
 
 

同窓会

この3連休には当社にたくさんのゲストが遊びに来てくれました。心配された台風の影響も最小限で皆さん楽しまれたのではないでしょうか?
ただ、実は1つ私がミスをしてしまい、お客様にご迷惑をかけてしまいました。
お客様に最高のサービスを提供しようとやっている当社
なのに、こんな事はあってはならないこと・・・
本当に申し訳ございませんでした。
再発防止策を考え、今後このような事の無いように
勤めることを約束致します。 

反省し、また会社を良くします 僕です

今日の日記

そんな中、埼玉から素敵な5人組みが遊びに来てくれました。
高校からのお友達で2人はなんと小学校から仲良しとの事
現在の年齢は××ですので、かれこれ××年のお付き合い
本当に楽しそうでした。

毎晩遅くまで遊んで、ホテルに帰ってからもお部屋で遅くまで
お話してたとの事、枕投げまでしたかどうかはわかりませんが
ちょっとした修学旅行ですね。

お聞きしたところによると、3泊4日のセブ島滞在中
睡眠時間は合計で10時間との事・・・
すごいですね! まあ寝るのはもったいないって事
はそれだけ、楽しかったって事でしょう

最終日はアイランドホッピングへ
天候が気になったのですが、
サンクチュアリでのシュノーケルの時は晴れ
CIMG8191.jpg


島に着き、ジェットスキーの時は晴れ
CIMG8208.jpg


コテージに入っているときに通り雨
などなど、色んな天気を楽しんでいただけました。

ウェイクボードも楽しんで頂き、鬼教官も登場
本当に一緒に居て、こちらまで楽しくなる旅行でした。

CIMG8210.jpg



最後の写真は地元の子供達とのショット
なんと、この15人の子供
みんな兄弟です・・・そしてまだまだ居るとの事・・・
すげー大家族ですね 皆さんが帰るまで手を振り
送ってくれました・・・ バイバイ ミッ○ー
 
 

台風

心配ですね。。。台風
今日から、セブ島へはちょっとたくさんのゲストが
来られる予定です。
海の日でしたか? やはり連休が絡むとセブ島は人気が

ありますね。 当社にも申し込みがあり今日から5日間はちょっと忙しくしてます。 うれしい事です。
でも、もし、台風で飛行機が飛ばなかったら・・・
なんてことを考えると、僕も寂しいですし、ゲストの方も
残念ですよね
なんとか、してもらいたいものです。
ティッシュでテルテル坊主などを作ってみる僕です

今日の日記

今日はちょっと思い出話 テーマは台風
僕の通っていたい高校は良く臨時休校になっていました。
というのも、最寄り駅のある武蔵野線が雨にとっても弱かったのです。 ちょっと集中的に雨が降ると電車が止まる・・・
ひどい時は猫をひいちゃって、電車が止まったこともありました。生徒は通学出来ない これ本当です。
 
まあ、僕は自転車通学でしたので関係なかったのですが。。
雨だと自主的にさぼってました(笑)
朝、いってきますと家を出て 高校に行っていない友達の家に
遊びに行ったり そのまま家にもどったりとまあ課外授業ですね、自主的にですが・・・

でも、他の駅を使う生徒や自転車通学の生徒もいましたから
そんな事は知らず、学校へ来ちゃうわけです。
そんな不公平はちょっとおかしいと学校でひとつのルールが
出来ました。

警報が出たら休み(本当です)

台風が近づいたある日、朝の天気予報を見ていると
なんと、暴風警報が!
これで休みです、間違いなく学校は休みと確信していた僕に
母の声が

【はやく 学校に行きなさい!】

いや、休みだって今日、警報でてるもん

【そんないい加減なこといってないで早く行きなさい】

その日に限って母はうるさく、しつこく僕に言います。
【しってるのよ あんた雨降ると学校行ってないでしょ】
と、日ごろの行いがばれているようで・・・
全く信じてもらえず
しばらく口げんかした後にしょうがなく学校へ行く事に

校門には人はまばら。。。
はい、学校は休みでした、それでも家には帰れず
自転車を止めるとそこには、体育教官が

【おう 珍しいな お前が雨の日にちゃんと来るのは】

あ・・・ばれてたんだ

【でも、学校ないぞ、はやく帰れ】

でも、帰れないんですよ 母が僕を疑っていて
そうだ! 先生電話してくださいよ

【はぁ? そっかじゃーせっかく学校来たんだから
                一汗流していくか?】

!!!!!!!

はい、この教官は柔道の先生
なんだか、大学時代全国へ行ったこともある有名な方で・・・

いやいや先生、帰りますよ ほら今すぐ。。。

って僕の言葉も聞かず、教官室へ連れて行かれました。
そこへは他の体育教官達がいて
僕の顔を見るなり、なんだ? 何悪さしたんだ?とか
珍しいな雨なのに なんて言葉を頂きました。

結局、柔道の個人レッスンは無かったのですが
その後、教官室に監禁状態

お茶をご馳走になりながら、説教や、昔話を聞かされました。先生達も授業が無いと暇なのね・・・

結局開放されたのが、お昼の時間

外に出てみると、すっかり晴れておりました。
ちょっと災難だったけど、なんだか特別な日のようで
せみの鳴き声とキラキラ光る水溜りの中を自転車こいで
帰ったことを思い出しました。 
 
 

ジャックフルーツとマンドリン

まずは、写真を見てください。
木になっているのが、セブ島で人気の高い
高級フルーツ ジャックフルーツです。

このまま食べてもおいしいですが

セブの人達は、これを細かく切って
スキムミルクに混ぜて
アイスキャンディーにして食べます。

とっても甘いんです・・・
ちなみに、一口でアウトの僕です

今日の日記

CIMG8181.jpg



そんなジャックフルーツの木の下でマンドリンを
もっている、素敵な女性が今回のゲスト。

ギター工場見学へ行ってきました。
ちなみに、ギター工場見学ツアーは無料ですが
あまり、皆様興味が無いのでお連れしておりませんでした。
所が今回、興味があるとの事でお出かけ、ゲストを連れて
見学するのは、実は初めてでした・・・(笑)
工場のスタッフがちょっとした日本語で説明をしてくれます

というか。。。
工場というか。。。職人さんが5人くらいでせっせと
作っておりました(笑)
とっとも、工場ではございません・・・

その後、市内観光へ出かけ、午後からは
興味があるという、セブ島 病院ツアーへ!

私立の病院を見学し、その施設 設備の高さに驚き
公立病院の施設 設備の低さに驚き

何より、その差の大きさに驚いておられました。
当社ツアーならではのオリジナルツアーでしたね
興味が無い人がいっても面白くもなんともないですもん(笑)

また、遊びに来てください
 
 

どうした僕!

今日は朝からこまごまとした仕事をかたずけておりました
その後、買い物へ出かけ帰りはどっかで食事でもして帰ろうとしていた僕ですが、買い物から直接戻って来てしまいました。

そうちょっと落ち込んでいる僕です

今日の日記

事件は、そのショッピングセンターで起こりました。
買い物を済ませ、レジに並ぼうとして僕の目に飛び込んで来たのは、日本食材コーナーでそうめんを手に持った歳の頃なら
55歳くらいのおじさんでした。

どうやら、このそうめんの値段はいくらか?と
店員と話をしているようです。
ただ、言葉がわからないのか、なんだか困った顔を
しております。

常々、困った人がいたら助けましょう
電車の席はお年寄りに譲りましょう
と思っている僕ですから、ほっておけません。

確かに、セブ島へ来て2年ちょい
そのくらいの通訳でしたら出来るとの気持ちもありました。

そんな事を思いながら、そのおじさんを見ていると
おじさんも僕に気づきました。

おじさんは僕の顔みて、ほっとした表情を見せ
ニコッとしました。
この笑顔を僕は
『よかった、日本人だ。通訳してもらおう・・・』
と解釈した訳です。

そして、僕は笑顔でお返し
『わかりました、今行きますよ』

僕は、おじさんと店員に向かって歩き出します。

縮まる距離・・・

笑顔の僕とおじさん

そしておじさんが僕に・・・

『チンチョン カンチャチョン ハンチョン』

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

僕の頭の中で何かスパークしました。
やさしい笑顔は、引きつり

目の前のおじさんの顔から目を離せず

瞳孔だけが広くなる感じ・・・

お年寄りに席を譲ろうとしたら、次で降りますからと
断られ、それでも少しでもどうぞなんて、やり取り
していたら、次の駅に着いちゃった時の何倍もの
恥ずかしさ・・・

完全にパニック状態で思考を失った僕の口から
飛び出たのは、自分でも想像できない言葉でした・・・

『ノー プロブレム』

そして笑顔のまま踵を返し、レジへと戻った僕・・・

どうした僕!
そんなものか!

駄目なら駄目でもっと面白いことだって言えるだろう
こともあろうか・・・

他に何かあっただろう!
そんな自己嫌悪の一日でした。

ちなみにセブ島には電車はありませんのであしからず!
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。